[モーリス・ユトリロ]ページへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内


「モーリス・ユトリロ(Maurice UTRILLO)」作家略歴


1883年(0歳)    パリ・モンマルトルに生まれる。父は不明。母はモデルで才色兼備の女流画家の
                     シュザンヌ・ヴァラドン。母親はルノワール、ドガ、ロートレックのモデルになって
                     いるうちに自ら絵筆をとり、頭角をあらわした
 
1891年(8歳)    私生児だった彼に同情した二流のスペイン人の画家、建築家、美術批判家の
                     ミゲル・ユトリロが認知したため、以後、モーリス・ユトリロの姓を名乗るように
                     なる。
 
1896年(13歳)   パリのロラン中学校に入学。10歳ごろより飲酒を覚え、飲酒癖がひどくなる。
 
1900年(17歳)   早くから異常な飲酒癖を示し、17歳で最初のアルコール中毒で入院するように
                     なった。
 
1904年(21歳)    パリのサン=タンヌ精神病院に入院。退院後、それを治すために医師の助言と
                     母の説得で治療のため絵を描き始める。もともと画家的雰囲気に育った彼は
                     優れた天性を発揮する。
 
1909年頃 (26歳頃)    ほとんど独学で絵を学び、印象派的な時期を経過して、画壇からも孤立し、
                     哀愁に満ちたパリの街角など身近な風景画を数多く描いたが『白に時代』といわ
                     れるこのころの作品に秀作が多い。 サロン・ドトンヌに出品。
 
1913年(30歳)    最初の個展を開催、評判となる。1915年ごろから鮮やかな色彩が現れ始める。
 
1914年(31歳)    モンマルトルの建物や風景を重厚なマチエールで描く独自の世界を築き上げ、
                     この頃<白の時代>の絶頂期を迎える。そして、精神病院への入退院を繰り返す。
 
1919年(36歳)    ルプートル画廊の個展が大成功を収める一方、アルコール中毒は治らず、何度
                     となく入退院をくりかえす。
 
1928年(45歳)    レジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を授与される。
 
1935年(52歳)    コレクターの未亡人、リュシー・ヴァロールと結婚し、晩年は裕福な生活を送りな
                    がら絵葉書をもとにパリの風景を描きつづけた。
 
1938年(55歳)    母ヴァラドン死去。
 
1955年(72歳)   南仏ダックスにて死去。モンマルトルに埋葬される。
 



《モーリス・ユトリロ》 作品ページに戻る








--------------------------------------------------------------