「梅原龍三郎」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会無料案内


「梅原龍三郎」(うめはらりゅうざぶろう)(1888〜1986)作家略歴


         1888年   3月9日、京都市下京区に生まれる。一時、良三郎と改名。生家は呉服商。 

         1903年   京都府立第二中学校を中退し、伊藤快彦の画塾に入ります。その後、浅井忠
           の聖護院洋画研究所に移り、18歳の時、浅井が関西美術院を設立すると、
           そちらに移ります。 

         1908年   田中喜作と共に渡仏、アカデミー・ジュリアンに入りバッセの教室に通う。
                      その間ルノワールに傾倒する。 

         1909年   カーニュのルノワールを訪問、以後師事。 

         1913年   帰国、神田・ヴィナス倶楽部で白樺主催個展を開き、「首飾り」など
                      滞欧作110点を発表して注目を集めた。 

         1914年   二科会創立に参画。(1918年退会) 

         1919年  ルノワールの死を知って衝撃を受け翌年忌問のため再渡欧しています。
         
         1922年   小杉放菴らと春陽会結成。 

         1925年   春陽会を退会、国画創作協会に迎えられ、川島理一郎と洋画部新設。 

     1034年  鹿児島に行き桜島を描きます。このあと鹿児島シリーズは1940年まで続き、
           桜島のほか霧島などの風景を描いています。戦時中は伊豆で富士山などを
                      描いていました。

         1935年   帝国美術院会員に就任。(1957年辞任) 

     1942〜52年 東京美術学校教授。(のち東京芸術大学) 

     1952年   文化勲章授章。 

         1973年  日本とフランスの文化交流に貢献したとしてフランスからコマンドール勲章
                      を受けています。

         1986年   肺炎による心不全のため東京の慶応病院にて逝去 享年98歳。 
   


[梅原龍三郎] (うめはらりゅうざぶろう)作品ページへ