「東郷青児」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・入会案内

東郷青児

「赤い花」

絵をクリックすると戻ります

東郷青児「赤い花」  絵をクリックしますと [ 東郷青児] 作品の詳細ページに戻ります


東郷青児(とうごうせいじ )略歴・明治30年(1897年)〜昭和53年(1978年)
明治30年 (1897年)  鹿児島市に生まれる。本名は[鉄春]。
大正  3年 (1914年)  青山学院中等部卒業。
大正  4年 (1915年)  日比谷美術館で初個展、有島生馬を知り、以後師事。
大正  5年 (1916年)  第3回二科展に初入選を果たし、二科賞を受賞。
大正10年 (1921年)  フランスに留学し。
大正11年 (1922年)  ヨン美術学校に学ぶ。昭和 3年(1928)帰国。
昭和 3年 (1928年)  帰国。第15回二科展に滞欧作23点特陳。第1回昭和洋画奨励賞。
昭和 6年 (1931年)  二科会会員。戦後は戦時中解散させられた二科会の再建につと め、
                            長く同会の指導的な立場にあった。昭和36年から53年まで会長。
昭和13年 (1938年)  二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治と顧問になる。
昭和32年 (1957年)  熊本太洋デパートの壁画「創生の歌」(焼失)で[日本芸術院賞]を受賞。
昭和34年 (1959年)  日本国際美術展で大衆賞受賞。
昭和35年 (1960年)  日本芸術院会員。
昭和36年 (1961年)  二科会会長。
昭和37年 (1962年)  サロン・ドートンヌ名誉会員となる。。
昭和44年 (1969年)  フランス政府からオフィシェ・ドルドル・デ・ザール・エ・レットル芸術文化勲章を授与される。
昭和51年 (1976年)  東郷青児美術館設立、没後文化功労者追贈、 勲二等旭日重光章。
昭和53年 (1978年)  旅行中に熊本市で没す。享年80歳。没後文化功労者、正四位追贈。


《前のページに戻る》