「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
会員割引・入会案内
「上村松篁」作品ページへ


「上村松篁」作家略歴



   1902年   京都市中京区四条御幸町西入ルに生まれる。 本名信太郎。母は閨秀画家上村松園。 

   1920年   京都市立美術工芸学校絵画科卒業。京都市立絵画専門学 校に入学、

            同時に西山翠嶂に師事、画塾青甲社に入塾。 第3回帝展に「閑庭迎秋」を初出品、
   
            初入選。 

   1924年   京都市立絵画専門学校卒業、研究科に進む。 

   1927年   田中たね子と結婚。 

   1928年   第9回帝展に「蓮池群鴛図」を出品、特選となる。
 
   1930年   京都市立絵画専門学校研究科を修了する。 

   1933年   長男淳(淳之)生まれる。帝展推薦となり、無鑑査となる。 

   1947年   日展審査員に選ぱれる。 

   1948年   日本画の在野団体、創造美術を結成する。 

   1949年   京都市立美術専門学校の教授となる。 

   1959年  「星五位」(昭和33年)に芸術選奨文部 大臣賞が授与される。 

   1967年  「樹下幽禽」(昭和41年)に対して日本 芸術院賞が授与される。 

   1970年  「画業50年記念上村松篁展」開催。 

   1972年   京都市の文化功労者として顕彰される。 

   1973年   京都府より美術工芸功労者顕彰。勲三等端宝章を受章。 

   1974年   新制作協会日本画部は新制作協会を離脱、新たに創画会を結成する。
 
   1975年  「松園生誕100年記念、上村松園・松篁・淳之三代展」(朝日新聞社主催)が開催される。 

   1981年  「彩管60年上村松篁自選展」(朝日新聞社主催)が開催される。日本芸術院会員となる。
 
   1983年   京都市美術館で「上村松篁回顧展」が開催される。文化功労者として顕彰される。 

   1984年   京都市名誉市民となる。文化勲章を受章する。 

   1990年   高松市美術館で「上村松園・松篁・淳之展」が開催される。 

   1991年  「米寿記念上村松篁展」(朝日新聞社主催)が開催される 

   1992年   写真と名画で語る「上村松篁・魂の賛歌」写真家・飯島幸永の眼が開催される。
 
   1994年   上村松園・松篁・淳之の作品を収蔵する松柏美術館が奈良市に開館。

   2000年   心不全のため逝去。享年98。





「前のページ」 へ戻る