「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
「上村 松園」作品ページへ


「上村松園」作家略歴


    1875年(明治 8年)  4月23日、葉茶屋を営む上村太兵衛、仲子の次女として京都市四条御幸町に
                        生まれる。   本名津禰(つね。常、常子とも書く)。

    1887年(明治20年) 京都府画学校に入学。並行して鈴木松年塾にも通う。

    1890年(明治23年) 3回内国勧業博覧会に《四季美人図》出品、イギリスのコンノート公買上となる。

    1893年(明治26年) 松年の許可を得て幸野楳嶺に師事。2年後、楳嶺没するにともない竹内栖鳳に
            入門。

    1895年(明治28年) 竹内栖鳳に師事。

    1900年(明治33年) 第9回日本絵画協会・第4回日本美術院連合絵画共進会に「花ざかり」出品。
                       銀牌を受け、画壇での地位を固める。

    1902年(明治35年) 長男生まれる。(後の上村松篁)

    1916年(大正5年) 第10回文部省美術展覧会(通称文展)に「月触の宵」を出品。文展永久無鑑査
                      となる。

    1940年(昭和15年) ニューヨーク万国博覧会に「鼓の音」を出品。

    1941年(昭和16年) 帝国芸術院会員となる。日本画家三谷十糸子とともに中国へ慰問旅行。

    1943年(昭和18年) 新文展審査員となる。

    1943年(昭和19年) 帝室技芸員となる。

    1946年(昭和21年) 日展審査員になる。

    1948年(昭和23年) 女性として初めて文化勲章を受賞。

    1949年(昭和24年) 8月27日、肺癌のため奈良平城の唳禽荘にて逝去。享年74。




「前のページ」 へ戻る