「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内


「千住博」(1958〜)作家略歴紹介


1958年   東京都に生まれる。
 
1982年   東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。稗田一穂、杉山寧氏に師事。
 
1983年   神奈川県立近代美術館買上。
 
1984年   同大学院修士課程修了、修了制作芸大買上げ。
 
1987年   同大学院博士課程修了。 修了制作東京大学買上げ。
            バーゼルアートフェアに出展(スイス・バーゼル)。
 
1988年   東美特別展にて個展(東京美術倶楽部、東京)。
            個展「SENJU」ガレリアフォルニ(イタリア・ボローニャ)
 
1989年   マンリー市立美術館(千住博展・「The End of the Dream」)(オーストラリア・シドニー)。
 
1990年   神奈川県立近代美術館「収蔵作品による近代日本画の歩み展」(鎌倉)。
 
1992年   マックスウェルデビットソン画廊にて個展、(アメリカ・ニューウヨーク)。
            東美特別展にて個展(東京美術倶楽部、東京)。
 
1993年   「フラットウォーター」刊行(求龍堂)。
            「アメリカ・ニューヨークギャラリーガイド」の表紙に選出される。
            個展「Flat Water」/マックスウェルデビッドソン画廊(アメリカ・ニューヨーク)
 
1994年   絵本「星の降る夜に」刊行。(冨山房)ボローニャ国際アートブックフェア
            に選出される(イタリア・ボローニャ)。
            ニューヨークアートディーラーズフェアに出品(アメリカ・ニューヨーク)。
            グループ展/マックスウェルデビッドソン画廊(ニューヨーク・アメリカ)
            第4回けんぶち絵本大賞受賞。
            第7回MOA美術館岡田茂吉賞 絵画部門優秀賞受賞。
            山中湖高村美術館「千住博1980-1994展」(山梨)。
            個展「星のふる夜に」/三越本店(東京)他巡回
 
1995年   グループ展/ディロン画廊(ニューヨーク・アメリカ)
            山種美術館が初期の「ビルシリーズ」から、最新作「ウォーターフォール」まで、
            約30点を買上げ本格収集が開始される
            台北市立美術館「千住博展」(台北、台湾)。
            第46回ヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人として始めて絵画部門での優秀賞
            を受賞(イタリア・ヴェネツィア)。
            「千住博画集」刊行(ビジョン出版) 。
 
1996年   彫刻の森美術館「千住博−Waterfalls & Glasses−展」(箱根)。
            ロンドン現代美術館「ビューティプロジェクト」展(英国・ロンドン)。
            「ヴェネツィア日誌」刊行(求龍堂)。
            「千住博・滝の夢」刊行(芸術新聞社)。
            外務省買上 。
 
1997年   文化庁優秀作品に選出、同買上げ バーゼルアートフェアに出展(スイス・バーゼル)
 
1998年   大徳寺聚光院別院全襖絵の制作に着手 。
            広島市近代美術館収蔵「八月の空と雲」に対し紺綬褒賞受賞
 
1999年   グループ展/ディロン画廊(ニューヨーク・アメリカ)
 
2000年   両洋の眼展−21世紀の絵画−出品作品「ライフ」に対し、河北倫明賞受賞
            人間国宝野村万蔵家新十二支扇面を制作
            「千住・池坊由紀・近藤高広展」/高島屋(大阪)他巡回
 
2002年   「THE NEW WAY OF TEA展」/ジャパンソサエティギャラリー、 アジアソサエティ
             ミュージアム(ニューヨーク・アメリカ)
            第13回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門大賞受賞
            「水墨の香り」韓国・ソウル国立現代美術館
 
2003年   デンマーク・ロイヤルコペンハーゲン社より「陶板画−千住コレクションT」刊行
            ホテル・グランドハイアット東京ホワイエに、縦3m×横25mの壁画完成
            「絵画の現在」(新潟県立万代島美術館)
            「現代の日本画−その冒険者たち」(岡崎市美術館)
            『現代「日本画」の精華』(熊本市現代美術館)
            ロイヤルコペンハーゲン社より陶板画「千住博コレクション」刊行
            「国宝 大徳寺聚光院の襖絵展」(東京国立博物館)
2004年 羽田空港第2ターミナルのアートプロデュースを手懸ける
 
2005年 ミラノサローネ・レクサス「L-finesse」展にアートプロデューサーとして参加
            「千住 博展−大徳寺聚光院別院襖絵77枚の全て−」(福岡アジア美術館)
            愛・地球博「世界無形文化遺産 能・狂言のすべて 咲きほこる伝統」の舞台演出
             に参加
 
2006年 「千住博展」日本橋高島屋、山種美術館
            第6回光州ビエンナーレ(光州・韓国)
            「直島スタンダード2展」地中美術館(香川)


               《現在》
               大徳寺聚光院別院襖絵完成。
               第13回 MOA岡田茂吉賞 絵画部門大賞受賞。
               第1回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展入賞。
               個展/マックスウェルデビットソン画廊(ニューヨーク・アメリカ)
               日本画家、京都造形芸術大学副学長、同大学国際芸術研究センター所長、
               同大学附属康耀堂美術館館長
 
               《主な収蔵先》
               東京芸術大学、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、カリフォルニア大学ロサンジェ
               ルス校、羽田空港、神奈川県立近代美術館、ロサンジェルス現代美術館、山種美術館、
               富山県立近代美術館、北海道立釧路芸術館、大分市立美術館、広島市現代美術館、新潟
               県立万代島美術館、ニューヨーク国連大使公邸、ロンドン日本大使館、ローマ日本大使公
               邸、メルボルン日本総領事館、文化庁、外務省飯倉公館、明治神宮等
 
               《主な著作》
               「千住画集」求龍堂(1990)
               画集「フラットウォーター」求龍堂(1993)
               絵本「星のふる夜に」冨山房(1994)
               「千住 ヴェネツィア日誌」求龍堂(2002)
               「HS千住 画集」扶桑社(1997)
               「疑問符としての芸術 千住−宮島達男対談集」美術年鑑社(1999)
               「千住 大徳寺聚光院別院 襖絵大全」求龍堂(2002)
               「日本画から世界画へ−平松礼二VS千住対談集」美術年鑑社(2002)
               「千住画集 水の音」小学館(2002)
               NHK人間講座「美は時を超える」NHK出版(2003)




「前のページ」 へ戻る