「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
「ピカソ」作品ページへ



「ピカソ」作家略歴



    1881年  スペインのマラガに生まれる。 美術教師の息子で、幼くして非凡な才能
           を示す。

    1985年  バルセロナに移る。

    1900年  パリに出る。

    1901〜1904年「青の時代」、1905〜1906年「赤の時代」。

    1907年  ブラックに会い、キュビズムを発展させるが仲たがいし、両者独自の画境
           を築く。

    1917年  のイタリア訪問により、新古典主義の時代に入る。
           以後、夢と怒りの交差する時代、戦後の古典によるバリエーションの時代
           と芸術は変遷を遂げ1973年4月ついに終止符を打つ。






「前のページ」 へ戻る

[ピカソ] 作品ページへ
(Pablo Picasso)