「前のページ」へ戻る
「奥田元宋」作品ページへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内

「奥田元宋」(1912〜2003)作家略歴


  1912年  広島県双三郡八幡村(現在の双三郡吉舎町)に生まれる。
             本名、厳三。 日彰館中学時代までは油絵を描いていた。
  
  1931年   中学卒業を機に遠戚に当たる日本画家、児玉希望を頼って
             上京、内弟子となる。
 
  1933年   一時シナリオライターを志し児玉家をでる。  

  1935年   再び絵筆を執り、外弟子として「希望」のもとに通う。 

  1936年   文部省美術展覧会鑑査展に「三人の女性」が初入選。  

  1937年  児玉希望画塾第1回展に「舞踏場の一隅」を出品、塾賞を
             受賞。 「元宋」と号した。

  1938年   第2回文部省美術展覧会(新文展)で「盲女と花」が入選、
             特選に選ばれる。 

  1944年   郷里の広島に疎開。文学的な主題の人物画から風景画に転じる。 

  1949年   第5回日展で「待月」が入選、特選と白寿賞を受賞。 

  1950年   希望門、深水門、橋村門合流による<日月社>結成に参加。
            (59年日月社常任委員長) 

  1956年   第12回日展に委嘱出品。日展会員となる。

   1958年   社団法人日展発足、会員としてこれに加わる。

  1962年   第5回新日展では「磐梯」が文部大臣賞受賞。
             文化庁買上げ。 

    1963年   第5回新日展出品作「磐梯」が第19回日本芸術院賞受賞。
             
    1973年   日本芸術院会員に就任。 

    1974年   日展の常任理事となる。  山陽吟社の主催者・太刀掛呂山と
             益田愛隣に漢詩の指導を受ける。

    1977年   この年より79年まで日展理事長をつとめる。 

    1981年   宮中歌会始の召人に選ばれる。真言宗大聖院の本堂天井画
            「龍」(横浜・根岸)を制作。文化功労者に選ばれる。 

    1984年   文化勲章受賞。 風景画初期の明快な色調から、次第に重厚味
             が加わると共に、心象が色濃く投影されるようになる。 

    1989年   広島県名誉県民として顕彰される。 

    1990年  「風景画三代の系譜−玉堂・希望・元宋展」を開催。  

    1995年   日本芸術院第1部(美術)の部長となる。  

    1996年   京都・銀閣寺(慈照寺)の庫裏・大玄関及び弄清亭障壁画を
             完成させる。 

    2000年  「米寿記念−奥田元宋・小由女二人展」を開催。 

    2001年 「白嶺秋耀」を制作。 「奥田元宋集 わが胸中山水」を出版。  

    2003年  2月15日逝去。享年90歳。 




「前のページ」 へ戻る

[奥田元宋] 作品ページへ