「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
会員入会案内
「武者小路実篤」作品ページへ



「武者小路実篤」作家略歴


      1885 明治18  0才  5月12日、東京市麹町区元園町1-38(現在の千代田区一番町19−4)
                        に生まれる。父は実世(さねよ)33才、母は秋子(なるこ)31才。
                        家は華族で子爵。8人きょうだいの末子だが、明治12年生まれの伊嘉子
                       (いかこ)、同15年生まれの公共(きんとも)のみが健在だった。 
   
      1887 明治20  2才 10月27日、父実世が肺結核で没(35才)。兄公共が家督と爵位 を相続。 
     
      1891 明治24  6才  9月、学習院初等科入学。同級に木下利玄がいた。 

      1897 明治30 12才  9月、学習院中等科へ進学。 

      1899 明治32 14才 12月、姉伊嘉子が肺結核で没(20才)。 

      1900 明治33 15才  4月、「お貞さん」こと志茂テイ(12才)が姉とともに伯母を頼って上京。 

      1902 明治35 17才       中等科六年に進級、志賀直哉が二度目の落第で同学年となる。 

      1903 明治36 18才  3月、志茂テイが帰郷、失恋する。夏、三浦半島金田の叔父・勘解由小路
                             資承の家でトルストイの『我宗教』『我懺悔』、聖書を読む。9月、
                             学習院高等科に進学。志賀、木下、正親町公和(おおぎまちきんかず)
                             と同級になる。 

      1906 明治39 21才  7月、高等科卒業。9月、東京帝国大学文科大学哲学科社会学専修に入学。 

      1907 明治40 22才  4月、志賀、木下、正親町と志賀宅に各自の創作を持って参集。
                            「十四日会」と命名。8月、退学。 

      1908 明治41 23才  4月、創作感想集『荒野』を自費出版。7月、「十四日会」で回覧雑誌
                            「暴矢」を創刊、のちに「望野」と改題。 

      1910 明治43 25才  4月、月刊誌「白樺」を創刊。創刊号に「『それから』に就て」を発表。
                             11月、トルストイ没(82才)。 

      1911 明治44 26才  2月、創作集『お目出たき人』刊行。 

      1912 明治45 27才 11月、『世間知らず』刊行。 

      1913 大正2 28才   2月頃、竹尾房子(20才)と結婚。実篤の生家で同居。入籍は翌年。 

      1914 大正3 29才   1月、『中央公論』に戯曲「わしも知らない」を発表。商業誌への初めて
                             の発表。5月、麹町区下二番町に家を借り、初めて生家を出る。 

      1915 大正4 30才   6月、文芸座が「わしも知らない」を帝劇で上演。実篤の戯曲が上演され
                             た最初。 

      1916 大正5 31才   8月、肺結核と診断される(のち誤診と判明)。12月、漱石没(49才)。
                             千葉県我孫子に転居。近くには志賀や柳が住んでいた。 

      1917 大正6 32才  11月、ロダン没(77才)。 

      1918 大正7 33才   7月、雑誌「新しき村」創刊。11月、宮崎県児湯(こゆ)郡木城
                           (きじょう)村大字石河内字城に新しき村をつくり移住。妻の房子
                            など15人。 

      1919 大正8 34才   5月、村に内紛が起こる。9月、『幸福者』刊行。10月、「友情」の連載
                             開始。 

      1920 大正9 35才   4月、『友情』刊行。7月、第一詩集『雑三百六十五』刊行。 

      1922 大正11 37才  9月、戯曲「人間万歳」を発表。この年、飯河(いごう)安子(21才)
                             と結婚(入籍は昭和4年)。 

      1923 大正12 38才  6月、芸術社から『武者小路実篤全集』全12巻の刊行開始(昭和3年完結)。
                             有島武郎自殺(45才)。9月、関東大震災で生家焼失。『白樺』廃刊。
                             11月、自伝小説『或る男』刊行。12月、長女新子(しんこ)誕生。 

      1925 大正14 40才  2月、木下利玄没(39才)。次女妙子誕生。12月、新しき村を離れる。 

      1926 大正15 41才  1月、志賀がいた奈良市水門町に住む。 

      1927 昭和2 42才   2月、東京府南葛飾郡小岩村に転居。9月、カボチャの絵を描き、最初の
                             油絵と記す。改造社の現代日本文学全集(円本)の一冊に入り多額
                             の印税を得るが、半年で使いきる。 

      1928 昭和3 43才  11月、母秋子没(75才)。葬儀の日に三女辰子誕生。 

      1929 昭和4 44才   2月、初の個展を日本橋丸善で開く。12月、岸田劉生没(38才)。 

      1930 昭和5 45才  12月、『棘まで美し』刊行。 

      1931 昭和6 46才         二宮尊徳、大石内蔵助、井原西鶴などの評伝を書く。 

      1925 昭和10 50才  7月、『人類の意志に就て』刊行。8月、日射病に坐骨神経痛を併発し、
                             1ヵ月病臥。一生のうち「一番の大病」という。 

      1936 昭和11 51才  4月、ヨーロッパ歴訪の旅に出発。ベルリンオリンピックを観戦。ピカソ、
                             マチスに面 会。アメリカ、ハワイを経て12月に帰国。 

      1937 昭和12 52才  6月、芸術院会員に推され就任。 

      1938 昭和13 53才 11月、『人生論』刊行。 

      1939 昭和14 54才  8月、ダム建設により宮崎の新しき村の耕地の多くが水没することに
                             なったため、埼玉 県入間郡毛呂山町に東の新しき村をつくる。9月、
                            『愛と死』刊行。 

      1940 昭和15 55才  3月、「愛と死」が菊池寛賞を受賞。9月、東京都三鷹市に転居。10月、
                            『幸福な家族』刊行。 

      1941 昭和16 56才  4月、代表作を編集して『無車詩集』刊行。 

      1942 昭和17 57才  5月、『大東亜戦争私感』刊行。日本文学報国会劇文学部長に就任。 

      1945 昭和20 60才  8月、疎開先の秋田県雄勝郡秋ノ宮村稲住温泉で終戦を迎える。9月、帰京。 

      1946 昭和21 61才  3月、貴族院の勅選議員に就任。4月、『若き日の思い出』刊行。7月、公職
                             追放のG項該当者に指定され、貴族院議員と芸術院委員を辞任。 

      1948 昭和23 63才  7月、白樺同人、漱石門下、芸術界学界の長老らと生成会を結成、機関誌
                            『心』を創刊。山谷五兵衛もの第一作「彼の羨望」を発表。 

      1949 昭和24 64才  1月、「真理先生」の連載を『心』で開始。 

      1951 昭和26 66才  4月、『真理先生』刊行。8月、公職追放解除。11月、文化勲章受章。 

      1953 昭和28 68才  1月、『馬鹿一』刊行。11月、『空想先生』刊行。 

      1955 昭和30 70才 11月、新潮社から『武者小路実篤全集』全25巻の刊行開始(昭和32年3月
                             完結)。12月、調布市入間町(現若葉町)に転居。 

      1962 昭和37 77才  4月、兄公共没(80才)。 

      1963 昭和38 78才  4月、NHKの連続テレビ小説として「あかつき」が放映された。 

      1967 昭和42 82才  1月、後半生の自伝として「一人の男」連載開始(〜1970年)。最も長い
                             作品となる。 

      1971 昭和46 86才 10月、志賀直哉没(88才)。弔辞を読む。 

      1976 昭和51       1月、入院中の安子を見舞った翌日に脳卒中で倒れ、以後ことばの自由を
                             失う。2月、安子没(75才)。実篤は知らされず。4月9日、東京慈恵
                             会医大付属第三病院にて没。90才10ヵ月。葬儀は無宗教形式、戒名
                             はない。 





「前のページ」 へ戻る

[武者小路実篤] 作品ページへ (むしゃこうじさねあつ)