「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
森田 茂作品ページへ



「森田 茂」作家略歴


 
     1907年  明治40年 茨城県下館市本城町に生まれる。

     1925年  大正14年茨城県師範学校(現茨城大学)を卒業後、大田尋常高等小学校の
       教員となる。その後、画家を志して上京し、昭和6年茨城県出身の熊岡
             美彦絵画道場夜間部に入所、画家としての第一歩を踏み出す。
     
    1931年  熊岡洋画研究所に入る。

     1934年  昭和9年 第15回帝国美術院展覧会に「神楽獅子の親子」が初入選。   

     1937年  昭和13年東光会会員となる。同年、第2回新文展に出品した「金蔵獅子」
             が特選を受賞、作品は外務省買い上げとなり、イタリア首相に贈呈される。

     1938年  第2回文展で「金蔵獅子」が特選受賞。

     1940年  昭和16年安増初子と結婚する。
 
     1955年  昭和31年日展審査員、昭和33年日展会員となる。

     1966年  昭和41年 59才になった年、山形県羽黒山にて、はじめて黒川能を観て
             感銘を受け、それ以後、黒川能をテーマとした作品を盛んに描く。
       この年、「黒川能」が第9回日展で文部大臣賞を受賞する。

     1970年  昭和45年改組第1回日展に出品した「黒川能」で、日本芸術院賞を受賞した。

     1976年  昭和51年日本芸術院会員、翌年日展常務理事、東光会初代理事長57年
             日展顧問となる。
            当市では、昭和61年10月に森田茂展「その軌跡とふるさと」を開催し、
             1万名余の市民が鑑賞した。これを機に先生は「黒川能」「下館みこし祭」
             他、油彩画22点を下館市に寄贈された。また翌年には「人形部屋」他、
             油彩画11点、デッサン19点を寄贈された。
 
     1977年  昭和52年 東光会初代理事長となる。勲三等瑞宝章受賞。

   1989年  平成元年 国宝善光寺本堂昭和大修理落慶記念「森田茂展」開催。
       文化功労者に選ばれる

     1993年  平成4年下館市名誉市民、翌年茨城県名誉県民に推挙された。
 
     1994年  平成 5年 文化勲章受賞。

     1998年  平成9年90才の卒寿を記念する大規模な展覧会「森田茂展」を下館を含め
             た全国4カ所で開催し、多くの市民が森田芸術の真髄に触れた。

      現在、 東京都豊島区目白に住み、現在も、精力的に絵を描いている。
             東光会会長 日展顧問 日本芸術院会員 





「前のページ」 へ戻る