「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
「三岸節子」作品ページへ


「三岸節子」(みぎし せつこ)作家略歴


     1905年  愛知県長島郡起町(現尾西市)に生まれる。 
 
     1921年  上京して、岡田三郎助に師事。本郷洋画研究所に通う。 
 
     1922年  女子美術学校2年に編入学。 
 
     1924年  同学校を首席で卒業、秋に三岸好太郎と結婚。 
 
     1925年  第3回春陽展に「自画像」他が初入選。 
 
     1932年  独立美術協会に移る。 
 
     1935年  好太郎の死去。この年、第5回独立展で「室内」他が独立賞を受賞。 
 
     1939年  新制作派協会に加わり会員となる。 
 
     1945年  戦後の個展第1号として、銀座で<三岸節子展>開催。 
 
     1946年  発起人の一人となり、女流画家協会を創立、同会の中核として活躍(のち退会) 
 
     1950年  「梔子」により、芸術選奨文部大臣賞受賞。 
 
     1954年  この年より1年間、初の滞欧。 
 
     1967年  新設の北海道立美術館(現北海道立三岸好太郎美術館)に、亡夫・好太郎の
             遺作216点を一括寄贈。 
 
     1968年  長男の洋画家・三岸黄太郎一家と共に、南仏カーニュに居を定める。 
 
     1969年  女流総合展<潮>結成に参加。 
 
     1974年  ブルゴーニュの小村ヴェロンの農家を買って移り住む。 
 
     1977年  名古屋・ヒマラヤ美術館に三岸節子記念室開設。 
 
     1980年  日本橋・三越で画業55年記念展開催。第4回長谷川仁記念賞受賞。 
 
     1982年  病に倒れ、神奈川県大磯の山荘で1年半の療養生活をおくるが、再びヴェロンに
             戻り回復、91年に帰国するまで同地で制作活動を続けた。 
 
     1985年  岡崎市美術館、神奈川県近代美術館ほかで回顧展。 
 
     1989年  日本橋三越、松坂屋本店、三越大阪店で三岸節子展を開催。 
 
     1990年  朝日賞受賞。 
 
     1991年  ワシントン女性美術館において日本人作家として初の回顧展
      (日本では全国5会場を巡回)。 
 
     1992年  北海道立三岸好太郎美術館開館15周年記念<三岸好太郎と三岸節子展>
      (札幌・大阪・東京・平塚・福島を巡回)。 
 
     1994年  文化功労者となる。 
 
     1995年  浜松市美術館で回顧展開催。 
 
     1998年  愛知県尾西市に、尾西市三岸節子記念美術館開館。 
 
     1999年  神奈川県で歿。享年94歳。 





「前のページ」 へ戻る