「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
「草間弥生」作品ページへ


「草間弥生」作家略歴


長野県生まれ 前衛彫刻家 画家 小説家0歳の頃より水玉と網模様をモチーフに
1絵を描き始め、水彩、パステル、油彩などを使った幻想的な絵画を制作。

1957年 渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を
       発表する。1960年代後半にはボディ・ペインティング、ファッションショー、
       反戦運動など多数のハプニングを行う。また映画制作や新聞の発行また映画
       制作や新聞の発行などメディアを使った表現にも着手。

1968年、自作自演の映画「草間の自己消滅」は第4回ベルギー国際映画祭に入賞、
        第2回アン・アーバー映画祭にて銀賞を受賞。ヨーロッパ各国でも展覧会。
        ハプニングを行う。

1975年  帰国。美術作品の製作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。

1983年、小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生時代新人賞を受賞。

1986年、フランスのカレー市美術館、ドール美術館にて個展。

1989年、ニューヨーク国際芸術センター、イギリスオックスフォード美術館にて個展。

1993年、第45回ベニス・ビエンナーレに参加。

1994年より野外彫刻を手がける。福岡健康センター、福岡美術館、ベネッセアイランド
       直島文化村にFRP製の野外彫刻を、リスボンの地下鉄通路に壁画を制作。

1996年からは主に二ユーヨークのギャラリーを中心に活動を始め、同年開いた個展は
      国際美術評論家連盟より賞を受ける。

1998年から1999年にかけてロスアンゼルス・カウンティ・ミュージアムを皮切りに
       大回顧展がニューヨーク近代美術館、ウォルカーアートセンター、東京現代
       美術館を巡回。

2000年、第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣賞を受賞。同年、フランス・コンソル
        シウムで始まった個展はヨーロッパ、アジア6箇所を巡回予定。

2001年、朝日賞(朝日新聞文化財団)受賞。
       写真家荒木経惟とのフォト・コラボレーション、作家村上龍原作監督の映画
       トパーズに出演、ミュージシャンピーター・ガブリエル、ファッション・
       デザイナー三宅一生とのコラボレーションなど、美術以外でも多彩に活躍。 



「前のページ」 へ戻る