[前のページ]に戻る
ネット上のよくある質問



≪石川滋彦-作家略歴≫

                                     
1909年  (明治42年)〜1994年(平成6年) 東京生まれ。同地で没。
 父は水彩画家の石川欽一郎。
1929年  (昭和4年)第10回帝展に初入選。
1932年  (昭和7年)東京美術学校西洋画科を卒業し,岡田三郎助に師事した。
1935年  (昭和10年)光風会展光風賞受賞。
1936年  (昭和11年)東京美術学校研究科修了。
1938年  (昭和13年)第3回文展特選。
1939年  (昭和14年)第2回文展連続特選。文展特選,文展無鑑査、光風会会員となる。
1947年  (昭和22年)新制作協会会員となる。以後新制作展出品。
1957年  (昭和32年)欧州作品展を開催、以来ほぼ毎年個展開催。
1960年  (昭和35年)志賀高原に度々取材。
1966年  (昭和41年)カリフォルニア旅行、その後毎年のように海外スケッチ旅行に行く。
 晩年は初夏のアムステルダム運河風景を好んで描いた。
1975年  (昭和50年)画集「石川滋彦・人と作品」刊行。
1986年  (昭和61年)第10回長谷川仁記念賞受賞。
1989年  (平成元年)長谷川仁記念賞を受賞した。
 石川滋彦 代表作・ 「アムステルダムの運河」、・「新縁の志賀高原」。
1994年  (平成6年)逝去 享年84歳。
 新制作協会会員、日本美術家連盟常任理事。




《作家略歴-一覧ページに戻る》