「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
「後藤純男」作品ページへ



「後藤純男」作家略歴



  1930年   千葉県東葛飾郡関宿町に、真言宗住職の父のもと生まれる 

  1946年   山本岳人に師事 

  1949年   岳人の紹介で田中青坪に師事
 
  1952年   再興第37回日本美術院展覧会(院展)で「風景」が初入選

  1954年   日本美術院院友に推挙
 
  1955年   関西、四国の真言宗の寺を巡りスケッチ旅行(〜63) 

  1960年   北海道各地を取材旅行(〜69)

  1962年   第47回院展で「懸崖」が奨励賞、白寿賞、G賞受賞

  1965年   第50回院展で「寂韻」が日本美術院賞・大観賞受賞
          日本美術院特待に推挙

  1969年   第54回院展で「淙想」が日本美術院賞・大観賞受賞 

  1974年   日本美術院同人に推挙
 
  1976年   ギャラリーヤエス(東京)で初個展

          第61回院展で「仲秋」が文部大臣賞受賞
 
  1979年   現代日本絵画展代表団の一員として初めて中国訪問

  1984年   本格的個展「後藤純男展」(伊勢丹美術館)開催
          大病を患い、一命をとり止めたことが、以降の作風に変化をもたらす
 
  1986年   第71回院展で「江南水路の朝」が内閣総理大臣賞
 
  1988年  「後藤純男新作展」(西武アート・フォーラム)開催

          高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納
          東京芸術大学(美術学部)教授に就任
 
  1989年  「後藤純男展」(奈良そごう美術館)開催 

  1992年   刈谷市美術館10周年記念「後藤純男展」開催
 
  1993年   奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納
 
  1995年   パリ・三越エトワールにて「後藤純男展」開催

          同帰国記念展が日本橋三越ほかで開催
 
  1997年   東京芸術大学教授を退官

          北海道上富良野に「後藤純男常設展示館」開設
 
  1999年   千葉県銚子市犬吠埼に「後藤純男美術館」開設

          現在、日本美術院監事 




「前のページ」 へ戻る