前のページに戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内
「ドラクロワ」作品ページへ



「ミッシェル・ドラクロワ」作家略歴



  1933年   フランス・パリ14区に生まれる。小さい頃から自然に興味を持ち、
                    木々の見事な緑色や花の咲く様を見て育った。 

  1950年   パリのエコール・デ・バザールで学ぶが、一時、中断し、舞台セット

              デザインを手掛けたり、パントマイムのマルセル・マルソーと仕事を

                    する。

  1961年   ル・アーブルの絵の教授になる。  

  1966年   ドイツの美術学校で教授を務める。このころ独自の作風が出来上がり、

                   「パリの街角」を描き始める。  

  1973年   スイス、パブリック賞受賞  

  1974年   初渡米。アメリカでの作品展により名声を得る。
 
  1975年   フランス画家展で銀賞受賞。

  1975年   アーティストフランス金賞受賞。

  1976年   ローマ・セブンヒル賞を受賞。

  1977年   グランプリ・デ・コート・ダジュール(カンヌ)受賞。

  1980年   アメリカの招待を受け、渡米。教職をなげうって絵を描くことに専念

                    する。

  1983年   フランスへ帰国。ロワール渓谷の美しさに魅せられ、この地に定住。

  1985年   ハーバード大学設立350周年記念のため作品を依頼される。
 
                    彼の作品は、パリのナイーブ美術館、ビィックのイル・ド・フランス
    
                    ・ナイーブ美術館、パリ文化省他に永久保存されている。

  1996年    アトランタ・オリンピック公認アーティスト、アートエキスポニュー

                    ヨークの公式画家に選出。

  1998年      フランスワールドカップサッカー公認アーティストに選ばれる。

                    芸術の国フランスを代表する巨匠としての地位を確立する。

     現在、フランス・ロワール地方に住む。 彼の作品は、パリのナイーブ美術館、ビィック

           のイル・ド・フランス・ナイーブ美術館、パリ文化省他に永久保存されている。





[前のページ] に戻る

[ドラクロワ] 作品ページへ