「前のページ」へ戻る
「荒川修作」
作品ページへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内


「荒川修作」作家略歴


   1936年  名古屋市に生まれる。 

             武蔵野美術学校中退。
 
   1958年   第10回読売アンデパンダン展初出品、以降第13回まで毎年出品。 

   1960年    ネオ・ダダ・オルガナイザーズ結成。

   1961年    渡米。以来ニューヨーク在住。 
 
   1962年    荒川修作、マドリン・ギンズ出会う。以降共同作業を開始。  

   1970年    第35回ヴェネツイア・ビエンナーレ日本館代表。   

   1972年    ヨーロッパ巡回展を開催。  

   1977年    第6回ドクメンタ出品。   

   1979年    西武美術館「現代美術の最先端 荒川修作展」開催。  

   1982年    紺綬褒章受賞。   

   1986年    フランス政府より文芸シュヴァリエ勲章を受章。   

   1987-88年 ジョン・サイモン・グッゲンハイム・フェローシップを受ける。   

   1988-89年 ベルギー批評家賞受賞。   

   1991-92年 「荒川修作の実験展−見る者が作られる場」を開催。

             (東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、松坂屋美術館巡回)   

   1994年    デュッセルドルフのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館に

             パーマネント展示室を開催。
  
            岡山県奈義町現代美術館に「建築的身体・遍在の場・奈義の龍安寺

      ・心」制作。(磯崎新氏とのコラボレーション)   

   1995年    岐阜県養老町養老公園に「心のテーマパーク−養老天命反転地」を

       制作、 第28回日本芸術大賞を受賞(新潮文芸振興会主催)。   

            ロンドン、アカデミー・エディションズから「建築−宿命反転の場」

            を出版。 
 
   1997年    日本人としてはじめてニューヨークのグッゲンハイム美術館で個展。

            「宿命反転―死なないために」を開催。   

   1998年    NTTインターコミュニケーションセンターにて

             新しい日本の風景を建設し、常識を変え、日常の生活空間を創りだす

       ために」展を開催.
 
            東京都レインボータウン臨海副都心まちづくりコンペティション特別

             賞受賞。

   2000年    米国イエール大学建築学科にて「宿命反転都市」コンファレンスを開催。   

            中谷宇吉郎生誕100周年記念企画「科学の心と芸術」シンポジウム

       参加。(対談:荒川修作×米沢富美子)   

            早稲田大学にて「荒川修作講演会」(早稲田文化週間参加企画)。  

   2001年    セゾンアートプログラム特別講演会。

            「荒川修作が現在、考えている新しい街づくりと新東京建設について」   

           「アメリカの世紀」を超えて−モダニズム、ポスト・モダニズムから

       21世紀へ−特別企画「荒川修作を迎えて」(対談:荒川修作×馬場

             駿吉)愛知芸術文化センター。

        東京学芸大学特別講演「荒川修作×宮崎駿」−宿命反転都市の建設を

             目指して−。
 
            ニューヨーク州イースト・ハンプトンにて「Bioscleave House」(個人

       宅)の建設に着工。
 
   2002年    名古屋市のモデル住宅プロジェクトの構想に着手。   

            アラバマ大学出版会より「Architectural Body−建築的からだ」出版。   

   2003年    日本文化藝術振興賞受賞。
--------------------------------------------------------------------------------
      新潮社第28回日本芸術大賞受賞!

      荒川氏は、養老天命反転地で新潮社第28回日本芸術大賞を受賞しました。

       受賞理由は、「宇宙的瞑想を呼び覚ます空間創造活動に対し」というものです。

      この受賞に際し、荒川氏はこう語っています。「日本には、建国以来、文明と

     いうものがない。私たちは意識的に「日本文明としての「都市」を構築しなけ

         ればいけない。そのために、この賞を無駄にし ません」 
       
  《 主な著作 》 

    The Mechanism of Meaning (3rd ed.), Abbevill Press, New York, 1998
    = 邦訳『意味のメカニズム』、リブロポート、1988 
    Pour ne pas mourir / To not to die, Editions de la difference, Paris, 1987
    = 邦訳『死なないために』(三浦雅士訳)、リブロポート、1987 
    Architecture: Sites of Reversible Destiny, Academy Editions, London, 1995
    = 邦訳『建築−宿命反転の場』(工藤順一・塚本明子訳)、水声社、1995 
    REVERSIBLE DESTINY “WE HAVE DECIDED NOT TO DIE”, 
    The Solomon R. Guggenheim Foundation, New York, 1997 
   『生命の建築』、荒川修作・藤井博巳著、水声社、1999 
    ARCHITECTURAL BODY, The University of Alabama Press, 2002 




≪前のページ へ戻る≫

≪荒川修作 作品ページへ≫