「前のページ」へ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内


「天野喜孝」作家略歴


    1952年   静岡市に生まれる。

  1967年   竜の子プロ入社。
          同社でアニメーション・キャラクター設定を担当。
          「ヤッターマン」「ガチャマン」他多数のキャラクターを手がける。

  1981年   「SFマガジン誌」で「トワイライト・ワールド」の連載を開始。
          以降数多くのブックカバーデザイン、絵本、アニメーションなど幅広い分野で精力的に活躍。

  1982年   天プロダクション設立。

  1983年   星雲賞受賞 以後4年連続で同賞を受賞。

  1984年   第一画集「魔天」を刊行。以降、画集、舞台美術、個展、さらには「ファイナルファンタジー」
          シリーズのキャラクターデザインを手掛ける。

  1987年   ゲームソフト「ファイナルファンタジー」(SQUARE)のキャラクター&ビジュアルコンセプト
                       デザイン担当。

  1989年   東京・有楽町マリオンにて初個展「飛天」開催。

  1990年   板東玉三郎演出「なよたけ」の舞台美術を手がける。

  1991年   国内の工房で初のリトグラフの制作を始める。

  1992年   福島県・井村君江妖精美術館のステンドグラス制作。

  1994年   大坂にて初のリトグラフ展。

  1995年   パリ、マーグ工房にてリトグラフ制作開始。

  1996年   ニューヨーク、ソロプレス工房にてリトグラフ制作開始。

  1997年   ニューヨークSOHOに版画工房Greene Street Work Shop設立。
          ニューヨークSOHOにて「THINK LIKE AMANO」展開催。

  1998年   東京・上野の森美術館にて「THINK LIKE AMANO」展開催。
          ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭にて個展開催。
          ロサンゼルスフィルハーモニックの定期演奏会にて公開された第一段作品「1001 Night」
          の制作監修、コンセプトデザイン担当。福島県・金山町杢冷橋ブロンズ像制作。

  1999年   ニューヨーク・エンジェル・オーレンサン・ファンデーションにて大規模個展「HIRO」開催。
                      「THE SANDOMAN:The Dream Hunters」刊行。

  2000年   日本版「サンドマン:夢の狩人」(インターブックス)刊行。
          スペイン語版「THE SANDOMAN:The Dream Hunters」刊行。
          「THE SANDOMAN:The Dream Hunters」ヒューゴー賞ノミネートアイズナーショー受賞。
          アトランタで開催の"Dragon Con"に画家として招待、ドラゴン・コン賞、ジュリー賞受賞。

  2001年   ブラジル語版「THE SANDOMAN:The Dream Hunters」刊行。




≪前のページ へ戻る≫

≪天野喜孝 作品ページへ≫
(あまのよしたか)