トップページへ戻る
「荻須高徳」作品のページに戻る

荻須高徳  (おぎすたかのり)

「運河のほとり」
絵をクリックすると戻ります
絵をクリックしますと [ 荻須高徳] 作品の詳細ページに戻ります

荻須高徳 略歴
1901年(明治34年)11月30日、愛知県中島郡井長谷村大字井堀149番戸(現在の稲沢市井堀高見町) に生まれる。  1908年(明治41年) 7歳 千代田尋常高等小学校に入学。 1916年(大正05年) 15歳 愛知県立第三中学校(現在の津島高等学校)に入学。 1921年(大正10年) 20歳 卒業後、上京し川端画学校に学び、藤島武二の指導を受ける。 1922年(大正11年) 21歳 東京美術学校(現在の東京芸術大学)西洋画科に入学。同級生に猪熊 弦一郎、牛島憲之、岡田謙三、小磯良平、小堀四郎、高野三三男、永田一脩、 中西利雄、山口長男らがいた。 1927年(昭和02年) 26歳 東京美術学校卒業。9月フランス留学の途につく。 1928年(昭和03年) 27歳 このころから署名をOGUISSとする。サロン・ドートンヌに初入選。 1933年(昭和08年) 32歳 オルドネール189番地のアトリエに入居(このアトリエを館内に復元している。) 1939年(昭和14年) 38歳 第2次世界大戦勃発。翌年13年ぶりに帰国。 1944年(昭和19年) 43歳 横江美代子と結婚。 1945年(昭和20年) 44歳 終戦。 1946年(昭和21年) 45歳 長女恵美子生まれる。 1948年(昭和23年) 47歳 戦後初めて日本人画家として、フランス滞在を許され8年ぶりにパリに入る。 1956年(昭和31年) 55歳 フランス政府から、レジオン・ドヌール勲章を授与される。 1972年(昭和47年) 71歳 勲三等旭日章に叙される。中日文化賞受賞。 1974年(昭和49年) 73歳 パリ市より、メダイユ・ド・ヴェルメイユを授与される。 1978年(昭和53年) 77歳 パリのシャトー・ド・バガテルで「荻須高徳パリ在住50年記念回顧展」が パリ市主催で開催される。 1980年(昭和55年) 79歳 稲沢市に油彩画《金のかたつむり》を寄贈。 1981年(昭和56年) 80歳 文化功労者に顕賞され10年ぶりに帰国。稲沢市を訪問。 1982年(昭和57年) 81歳 フランス国立造幣局が、荻須高徳の肖像を浮彫にしたメダイユを発行する。 1983年(昭和58年) 82歳 8月2日、稲沢市荻須記念美術館が開館。 1986年(昭和61年) 84歳 10月14日、パリのアトリエで制作中に死去する。文化勲章を受章する。


《前のページに戻る》