「織田広喜」作品ページへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・無料入会案内


「織田広喜」作家略歴


    1914年(大正  3年) 福岡県嘉穂郡千手村(現・嘉穂町)に生まれる。 
    1917年(大正  7年) 福岡県礁井村礁井尋常高等小学校入学。 
    1924年 (大正 14年) 千手村の西楽寺の雲外和尚に墨絵のてほどきを受ける。 
    1931年 (昭和  6年) 礁井村の帝展入選画家、犬丸琴堂に油絵のてほどきを受ける。 
    1932年(昭和  7年) 上京する。 
    1934年(昭和  9年) 日本美術学校絵画科入学。 
    1939年(昭和 14年) 日本美術学校西洋画科卒業 
    1940年(昭和 15年) 第27回二科展初入選 
    1946年 (昭和 21年)  第31回ニ科展でニ科賞受賞 
    1950年 (昭和 25年)  ニ科会会員となる 
    1951年 (昭和 26年)  ニ科展に超大作「月見」を発表。画壇のホープとして注目を集める 
    1960年(昭和 35年) 渡仏。サロン・ドートンヌ出品 
    1961年(昭和 36年) フランスから帰国、以降しばしば渡欧 
    1967年(昭和 42年) 国際形象展愛知県美術館賞受賞 
    1968年(昭和 43年) 第53回二科展にて内閣総理大臣賞受賞。 
                       「噴水とマヌカン」文部省買い上げ。 
    1971年(昭和 46年) パリで初めて個展。東郷青児賞受賞 
    1980年(昭和 55年) 京都市立芸術大学講師。 
    1982年 (昭和 57年)  第25回安井賞展入選。 リオデジャネイロ市名誉市民 
    1984年 (昭和 59年)  第27回安井賞展入選。第1回日本青年画家展に出品、 
                        第1回日本青年画家展に出品、第6回日本秀作 
                        美術展に出品。5月、渡欧。(ベルリン) 
    1985年 (昭和 60年)  フランス、プロヴァンス地方にて制作。 
    1992年 (平成  4年) 勲四等瑞宝章を受賞。渡欧(オランダ、フランス)。 
                        美しすぎる嘘PART1(三越-日本橋・大阪・松山) 
    1993年 (平成  5年) 第15回日本秀作美術展に出品。個展(三越-日本橋・名古屋・松山) 
                        個展(大阪梅田近代美術館、以後広島・福岡・福山巡回)。 
                       「美しすぎる嘘PART2」(三越-日本橋・大阪)輝くメティエ 
                        現代油彩画の写実細密表現(奈良県立美術館)に出品。 
                        平安建都1200年記念美術選抜展(京都市美術館)に出品。 
                        現代絵画の断面-'94洋画KYOTO展(京都文化博物館)に出品。 
    1994年 (平成  6年)  福岡市に美術館ミューゼODA開館 
    1995年 (平成  7年) 洋画の展望-具象表現を中心に(福井県立美術館)に出品。 
                        芸術院賞・恩賜賞受賞、日本芸術院会員に就任 
                        この間、個展多数。 
    1996年 (平成  8年)  ミューゼODAの姉妹館として福岡県嘉穂郡碓井町立 
                        織田廣喜美術館設立 
    1997年 (平成  9年)  美しすぎる嘘PART3(三越-日本橋)に出品。 
    1998年 (平成 10年)  個展(日本橋三越、京都大丸)。 
                        現在、 現在東京都世田谷区在住。 
                        日本芸術院会員、二科会常務理事




[織田広喜] 作品ページへ