トップページへ戻る
「中島千波」詳細ページに戻る

中島千波

「樹霊淡墨桜」 (超特大サイズ・木版画)
[じゅれいうすずみざくら]

絵をクリックすると戻ります
中島千波の絵がお安くお求め出来ます。
■ 絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります。

----------------------------------------------------------------------------------------

[特 徴]

       『淡墨桜 』[普通呼称 根尾谷淡墨ザクラ](ねおだにうすずみざくら)

日本三大桜のひとつ。(他に三春の瀧櫻、山高神代櫻)
岐阜県本巣郡根尾村にある江戸彼岸桜で樹齢1,500年以上といわれ、由緒
ある桜の代表的巨樹とされる「根尾谷淡墨ザクラ」は、樽見鉄道終点の
樽見駅から西へすぐにある。

継體天皇お手植えの桜として知られ樹高は16.3m、幹囲9.91m、枝張りは
東西26.9m、南北20.2mで、大正11年に国の天然記念物に指定されている。

今から1500余年の昔、皇位継承をめぐる争いの中、21代雄略天皇の迫害を
受けた継体天皇(後の26代)は、難を避けて生後わずか50日で尾張一宮から
美濃の山奥に隠れ住むことになります。

29歳の時、都から勅使が迎えに来られて、26代継体天皇として即位されま
すが、この間の苦労は語源に絶するものでした。村を離れる際、村民との
別れを惜しまれて尾張一宮から持ち帰られた2本の桜を、二男桧隅高田王の
産屋跡にお植えになられ、一首の歌を添えて記念とされました。

[身の代と遺す桜は薄住よ  千代に其の名を栄盛へ止むる]
2本の桜のうち、1本は枯れたと伝えられています。

この淡墨桜は、桜の全種300余種の内でも名花中の上位にあると云われる
品種で、枯死寸前なった老木を甦らせたのは、起死回生の名手・前田利行

老医師(岐阜市の前田産婦人科・前田元長氏の祖父)だった。

昭和24年3月から約1カ月をかけて、238本の若木の根を継ぎ、往年
の盛観を思わせるようになった。
しかし昭和34年伊勢湾台風による大打撃をうけ一時は無残な姿になった
が、42年4月に訪れた作家・宇野千代の助言をきっかけに、国を上げて
再生のための大事業が行われ見事に甦り現在に至っている。

その後もたゆまぬ手厚く保護のもと、毎年美しい花を咲かせている。
彼岸桜の1種で、蕾は薄いピンク、開花すれば艶やかな白色となり、散り
際には特異の淡い墨色になることから淡墨桜の名がある。

--------------------------------------------------------------------------------
[所 在 地]   :    岐阜県本巣郡根尾村板所字上段995
《概 要》
           [樹 種]    エドヒガン
           [樹 高]    16.3m(平成3年測定、以下同じ)
           [幹囲目通り]     9.91m(〃)
           [枝張り]     東西26.90m 南北20.20m
           [国指定天然記念物指定]    大正11年10月12日  根尾谷淡墨の桜
           (指定の事由) 由緒ある桜の代表的巨樹

【交通ご案内】
   ◆大垣駅から樽見鉄道で1時間、樽見駅下車、徒歩20分
   ◆クルマ:名神高速岐阜羽島ICから県道157号で約50km

【問合せ先】
   ◆本庄市役所  岐阜県本巣郡根尾村板所625番地の1
      電話 0581-38-2511(代)

============================================= 中島千波の絵がお安くお求め出来ます。
■ 絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります
中島千波作品について、お気軽にお問い合わせください。