トップページへ戻る
「中島千波」作品のページに戻る

中島千波
 
「常照皇寺の九重桜」
 (じょうしょうこうじのここのえざくら)
 
絵をクリックすると元に戻ります
中島千波「常照皇寺の九重桜」 絵をクリックしますと作品詳細ページに戻ります。

[絵柄の拡大画像]
絵をクリックすると元に戻ります
中島千波「常照皇寺の九重桜」 絵をクリックしますと作品詳細ページに戻ります。

[作家印章と直筆鉛筆サイン]
絵をクリックすると元に戻ります
中島千波「常照皇寺の九重桜」 絵をクリックしますと作品詳細ページに戻ります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

[特 徴]

京都府北桑田郡京北町にある褝寺、常照皇寺には2本の名桜があり、
その1本の九重桜は根本の周囲が4.4mも在る巨木で樹齢は600〜650年
とされ、高さ8mから枝垂れる姿は大変美しい。入口近くにある
御車返の桜は樹齢が400年ほどで、後水尾天皇が、あまりの美しさに
車を引き返させて花をめでたと伝えられている。
1938年(昭和13年)、国の天然記念物指定

------------------------------------------------------------------------------------------
【所 在 地】   :    京都府北桑田郡京北町

《概 要》
           [樹 種]    ココノエザクラ
           [樹 高]    8m
           [根 回]     4.4m
           [推定樹齢]   600〜650年

【交通ご案内】
    ◆JR京都駅からJRバス周山行き1時間半終点下車、町営バス小塩行き
    ◆に乗り換え約15分山国御陵前下車。

【問合せ先】
   ◆京北町役場
      電話 0771-52-0300

===================== ========================
■ 絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります