トップページへ戻る
「中島千波」作品のページに戻る

中島千波
 
「石割桜」 (いしわりざくら)

絵をクリックすると元に戻ります
絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります

 「石割桜」は岩手県盛岡地方裁判所前にある国天然記念物。周囲23メートルの
巨大な花崗岩を二つに割ってエドヒガンが伸びる。樹齢は300年とも400年とも言わ
れている。花木の美しく、人の手の入り込めない世界に感銘を受け、作家はそれを
四角い平面の中に表現しようとする。
作家は「絵を描くとき、私自身は非常にリアルに表現しているつもりです。
精神的リアリティとでもいうのでしょうか。そんな描き方で描くことによって、花や木に
実在感をもたせることができると思うのです」という。

[作家直筆鉛筆サイン]
絵をクリックすると元に戻ります
絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります

[額縁部分拡大画像]
絵をクリックすると元に戻ります
絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります