トップページへ戻る
「中島千波」作品のページに戻る

中島千波

「石割桜」

絵をクリックすると元に戻ります
絵をクリックすると「中島千波」の画面に戻ります。

かつて南部藩の家老の屋敷だった盛岡地方裁判所の前庭にある江戸彼岸桜で、樹齢は
300〜350年。周囲が23mほどの大きな花崗岩の割れ目に根づいためずらしい桜で、石の
割れ目は少しずつ広がっているという。根元の周囲は4m。