「メル・ハンター」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・入会案内


メル・ハンター(MEL HUNTER) 略歴
 
 
                 米国、イリノイで育ち、オーク・バーク高校を卒業後、ノースウェスタン大学で学ぶ。
               星を運動学的・天文学的に観察し、宇宙空間に魅せられる。
 
1950年 に天体の図を描きはじめる。当時の彼のインスピレーションは、有名な天体画家チェルスイー・ボネッセル
               の影響によってわいてくるものが多かった。
               次の10年間は「銀河」その他の科学のフィクション雑誌から依頼されて、40枚のスナーク無人爆撃機と
               その宇宙航海スイステムを1957年キャナベラル岬の最初の出版記録者の一人に選ばれる。
 
1960年  「ミサイルメン」を出版し、(ケープで過した日々のドキュメンタリータッチのテキスト及び写真集)
               次に、「航空戦略司令部」を出し、航空宇宙作家協会から、その年の最高賞をもらう。
 
1964年 U.S.インフォメーション.エージェンシーが天体ビーナスの絵を買い上げる。その後は興味の方向を肖像画
               ・人物画の方に示す。ニューヨークからバーモントに移り、自然界を描写し始める。彼の生態学に対する
               興味は深まり、作品の中で生きづいていった。「アバークロムビーとフィチギャラリー」のために、子供の本
               のイラストも担当したことがある。
 
1975年 には、東京で初めて、海外における展覧会を開く。5年前から、限定版の版画に熱を入れはじめ、新しい
               技術をその分野に開拓した。
 
1977年 の「アメリカの芸術家」におけるある記事おいて、その革新的手法について解説している。
 
1977年 政府の企画するファインアートスポーツコレクションの依頼を受けてゴルフのリトグラフを創る。



《前のページに戻る》