「トップページ」に戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員入会案内
千住博
山形博導
日本人作家
「松尾 敏男」
作品ページへ
メールマガジン購読案内
絵柄別作品案内
李禹煥(リー・ウーファン)
シャガール
笹倉鉄平
外国人作家


「松尾 敏男」(まつおとしお)作家略歴


   大正15年   3月9日長崎市今籠町生まれる。 

   昭和18年   堅山南風に入門を許され、古典模写や運筆の勉強をする。 

   昭和24年   再興第34回院展に「埴輪」が初入選。 

   昭和40年   師・堅山南風の助手として日光輪王寺の鳴竜の制作を手伝う。
 
              東京府立第6中学校在学中は体操選手として活躍するが、卒業後17歳で
              堅山南風に師事。

   昭和45年   再興第55回院展に「樹海」を出品、日本美術院賞・大観賞を受賞。
              文化庁買い上げとなる。 

   昭和46年   第一回山種美術館賞展に「翔」を出品、優秀賞を受賞。
              日本美術院同人に推挙される。 

   昭和47年   芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。

   昭和50年   再興第60回院展に「燿」を出品、優秀賞を受賞。 

   昭和55年   第65回院展には師の肖像「南風先生像」を出品。

   昭和62年   多摩美術大学教授となる。 

   平成 6年   日本芸術院会員となる。 

   現在 芸術院会員




[松尾 敏男] 作品ページへ戻る