「作品紹介のページ」に戻る
《お問合せメールは》 ⇒ お問い合わせメール 
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
お探し物のご相談


「マイケル・ルー」作家略歴

1950年   台湾に生まれる。
 
1957年   7歳で東京児童国際コンクールで1位に輝く。
                 児童絵画の最高指導者ジュン・ミン・ジン氏について本格的に絵の勉強を始める。
 
1969年   19歳の時、台湾の絵画工芸学校を主席で卒業する。
                 その後、ユネスコ関連出版や台湾文部省発行の児童挿絵本等、国際的重要出版物等を
                舞台に挿絵画家として活躍する。
 
1983年   33歳でアメリカに移住し、オーティスパーソンズ研究所(LA)に学ぶ。
 
1987年   ニューヨークのアートエキスポで展示会を開催し、以降毎年の恒例となる。
 
1993年   初来日を果たし、全国主要都市で巡回展を開催して好評を博す。また同年、
               ドイツのデュッセルドルフで開催された国際絵画祭でアートマルチプル賞を受賞。
 
1994年   ドイツのドルトモンドトで画集「マイケル・ルー」がドイツ語、英語、日本語の3ヶ国語で発刊される。
                ドイツ国内やアメリカの主要な都市で展示会を開催。
 
1996年   サンフランシスコのSPCA(動物愛護団体)に加わり、芸術を通じて動物保護を訴える活動を開始する。
 
1999年   イタリアのリヴィエラ版画シリーズを発表。
 
2001年   マイケル・ルー・ファイン・アート・ギャラリーをサンフランシスコに設立。
 
2003年   フランスのポリネシアを訪ね、トロピカル“タヒチ”シリーズを発表。
 
            ■現在も世界中に多くのファンを持つ人気作家として活躍中。




《マイケル・ルー ・作品ページ に戻る》