トップページへ戻る
前のページに戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員入会案内
分割払い方法
メールマガジン購読案内


「熊谷守一」年譜


  明治13年4月2日    岐阜県恵那郡付知村に岐阜市初代市長熊谷孫六郎の三男として生まれる。
               父は岐阜市において生糸商を営み、同市の初代市長を4、5年つとめた
                      後衆議院議員になった。   

    明治16年(3才)    生母と離れ、岐阜市で生活をしている父と、二人の妾の住む「岐阜の家」
                      に引き取られ幼少年時代を過ごす。岐阜の家には異母兄弟が数人、妾の
                      姉妹が何人か、それに女工が同居していた。

    明治19年(6才)    生家に行けば、母が風呂桶の漏れを豆で詰め修理しながら細々暮らして
                      いる。岐阜の第2夫人は日髪、日化粧、自分専用の織り子を三人も雇っ
                      ている。その状況は子ども心にも「なんたらことだろう」と思ったとい
                      う。

    明治30年(17才)   岐阜中学3年で上京し、正則中学に転校する。このころから画家を志望
                      したが、父の説得により慶応義塾進学の準備を続ける。  

    明治33年(20才)   4月、東京美術学校西洋画科選科入学。長原孝太郎、黒田清輝らの指導
                      を受ける。同期生に青木繁、和田三造、山下新太郎、児島虎次郎らが
                      いた。 
 
    明治37年(24才)   7月4日、東京美術学校選科を卒業する。卒業制作は、自画像であった。 
 
    明治38年(25才)   樺太調査隊に加わる(明治36年父死去)。以後2年間北海の島々を廻り、
                      各地の風光、地形の記録やスケッチなどをする。この時の作品は全て
                      関東大震災で消失した。  

    明治42年(29才)   第3回文展に「ローソク」を出品し、褒状を受ける。  
                      「夜中にじぃっとローソクの光で自分の顔を見つめていると、自分の顔
                      もそう悪い顔ではないと思えた」と述べている。 


  明治43年(30才)   実母の死を機に帰郷、以後6年間、裏木曽の山中生活を営む。この間ふ
                      た冬は付知の奥で日傭ヒヨウ=付知付近では、材木を水に浮かべて運ぶ
                      人のことを言う)生活を送る。 
 
    大正 4年(35才)   才能を惜しむ友人の勧めによりやっと上京、再び制作に向かう。第2回
                      二科展に「女」を出品、以後、第29回まで毎年2、3点ずつ出品する。  

    大正11年(42才)   秀子夫人と結婚。翌12年 長男・黄誕生。

    大正14年(45才)   5月31日、次男・陽誕生。
 
    大正15年(46才)   10月27日、長女・萬誕生。この頃、貯金もまったく底をつき家の経済
                      状態は困窮を極め、妻・秀子は質屋通いで家計を助けた。この頃、守
                      一の仕事というのは、懐中時計の修理や音の振動数の計算を、昼夜逆
                      の生活で何ヶ月もかかってやっていた。

    昭和 3年(46才)   2月28日、次男・陽が肺炎で急死する。 

    昭和 4年(49才)   4月3日、次女・榧、誕生。

    昭和 6年(51才)   7月30日、三女・茜、誕生。

    昭和 7年(52才)   現住所に自宅を新築して転居する。 
 
    昭和13年(58才)   日動画廊で野間仁根と二人展を、藤田嗣治と野間仁根と日本画三人展
                      を開く。また、名古屋丸善において、熊谷守一新作毛筆画展を開く。
                      このころより再び日本画を書き始める。
                        
    昭和19年(64才)   軍の圧力により二科会は解散させられる。

    昭和22年(67才)   腎盂炎のため1ヶ月入院する。
 

    昭和22年(67才)  二紀会結成と同時に会員となる。この年、長女・萬、21才で肺結核で
                     死亡する。 
 
    昭和39年(84才)  5月、パリのダヴィット・エ・ガルニエ画廊主催で熊谷守一大個展が開
                      かれ、好評を博す。帰国後、その作品を展観する。                      

    昭和42年(87才)  文化勲章受章者に内定したが、「これ以上人が来るようになっては困
                      る」と辞退する。  

    昭和43年(88才)  ギャラリー・ムカイで熊谷守一個展を開く。NHK「この人と 語る」に
                      出演。 

    昭和47年(92才)  勲三等叙勲の内示があるが辞退する。

    昭和51年(96才)  郷里の岐阜県恵那郡付知町に熊谷守一記念館が設立される。11月、洋
                      画商展出品の「あげ羽蝶」が油絵の絶筆となる。  

    昭和52年(97才)  6月末呼吸困難を訴え床につき、8月1日午前4時35分肺炎のため永眠。
                       
    昭和60年         守一が四十数年住んだ池袋・千早に熊谷守一美術館が出来る。 


[熊谷守一作品ページに戻る]