「片岡球子」の作品紹介ページ に戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・無料入会案内


片岡球子

「河口湖の富士」

絵をクリックすると戻ります

[日本画壇の重鎮、片岡球子先生が描く入魂の富士山]

片岡球子「前のページに戻る」  絵をクリックしますと [ 片岡球子] 作品の詳細ページに戻ります。

[拡大画像]
絵をクリックすると戻ります
片岡球子「前のページに戻る」  絵をクリックしますと [ 片岡球子] 作品の詳細ページに戻ります。


[作家直筆鉛筆サイン]
絵をクリックすると戻ります
片岡球子「前のページに戻る」  絵をクリックしますと [ 片岡球子] 作品の詳細ページに戻ります。


■片岡球子(1905〜)作家略歴紹介
 
   1905年(明治38年)   北海道札幌市に生まれる。
   1923年(大正12年)   北海道庁立札幌高等女学校師範科卒。日本画家を志す。
   1926年(大正15年)   女子美術専門学校(現在の女子美術大学)日本画科高等科卒。
                                   横浜市立大岡尋常小学校教論になる。
   1930年(昭和 5年)    第17回日本美術院展に「枇杷」が初入選する。
   1946年(昭和21年)   第31回院展で「夏」が日本美術院賞を受賞する。
   1948年(昭和23年)   第33回院展で「室内」が日本美術院賞を受賞する。
   1950年(昭和25年)   第35回院展で「剃髪」が日本美術院賞、白寿賞を受賞する。
   1951年(昭和26年)   第36回院展で「行楽」が奨励賞、白寿賞を受賞する。
   1952年(昭和27年)   第37回院展で「美術部にて」が日本美術院賞、大観賞を受賞する。
                                   院展同人に推挙される。
   1955年(昭和30年)   大岡小学校を退職する。女子美術大学講師になる。その後、助教授
                                   をへて教授となる。
   1961年(昭和36年)   「渇仰」が昭和35年度文部省買上げ作品となる。
                                   第11回芸術選奨文部大臣賞を受賞する。日本美術院評議員に推される。
   1966年(昭和41年)   愛知県立芸術大学が開発し、日本画科の主任教授に迎えられる。
                                   第51回院展に「面構 足利尊氏、義満、義政」を出品する。「面構」
                                   シリーズを始める。
   1972年(昭和47年)   個展「富嶽三十六景」がパリで開催され、1ヶ月ほどパリに滞在する。
   1975年(昭和50年)   「面構 鳥文斎栄之」が第23回日本芸術院恩賜賞を受賞する。
   1976年(昭和51年)   勲三等端宝章を受章する。
   1978年(昭和53年)   神奈川県文化章を受章する。
   1982年(昭和57年)   日本芸術院会員となる。
   1986年(昭和61年)   文化功労者に叙せられる。
   1989年(平成元年)   文化勲章を受章する。
   1992年(平成  4年)   画行70年片岡球子展が日本橋三越とパリで開催される。
                                   「片岡球子画集」が求龍堂より刊行される。
   2008年(平成20年)   1月16日 103歳にて逝去。