「平山郁夫」作品ページに戻る
ご売却相談
購入のご相談
購入の手順
美術品のご相談
内外美術館・団体
ネット上のよくある質問
絵画の知識
分割払い方法
個人情報保護
会員割引・入会案内
美術家鑑定人一覧

平山郁夫

「シルクロードを行くキャラバン (東・太陽)」

絵をクリックすると戻ります


[拡大画像]
絵をクリックすると戻ります

[作家サイン]
絵をクリックすると戻ります

[作品保証書]
絵をクリックすると戻ります

平山郁夫「シルクロードを行くキャラバン (東・太陽)」  絵をクリックしますと [ 平山郁夫] 作品の詳細ページに戻ります



平山郁夫(ひらやまいくお )略歴・昭和5年(1930年)〜
1930年 (昭和 5年) 6月15日、広島県豊田郡瀬戸田町(現尾道市瀬戸田町)に生まれる。
1945年 (昭和20年) 学徒勤労動員の作業中、広島陸軍兵器支廠で被爆。
1947年 (昭和22年) 東京美術学校日本画予科(現東京藝術大学)に入学。
1952年 (昭和27年) 東京美術学校日本画科を卒業。卒業制作「三人姉妹」同校買上げ。東京芸術大 学美術学部
                            日本画科副手となる。前田青邨に師事。
1953年 (昭和28年) 第38回院展《家路》が初入選、以後入選を重ねる。東京芸術大学日本画科助手 となる。
1954年 (昭和29年) 第9回春の院展で初の奨励賞受賞。(以後2回受賞)
1955年 (昭和30年) 日本美術院院友に推挙される。
1959年(昭和34年) 原爆の後遺症で制作面でも行き詰まっていたが、第44回院展に「仏教伝来」を 出品し、制作上の
                           転機となる。
1960年 (昭和35年) 第45回院展に「天山南路(夜)」を出品。仏伝シリーズの制作をはじめる。
1961年 (昭和36年) 第46回院展の「入湟槃幻想」で日本美術院賞(大観賞)受賞。東京国立近代美術館買い上げ。
                           日本美術院特待に推挙される。
1962年 (昭和37年) 第47回院展の「受胎霊夢」で日本美術院賞受賞。第1回ユネスコ・フェロープによリヨーロッパヘ
                           留学。 (約6ヶ月にわたり、研究題目は「東西宗教美術の 比較」であった。)
1963年 (昭和38年) 第48回院展の「建立金剛心図」で奨励賞(白寿賞・G賞)受賞。
1964年 (昭和39年) 日本美術院同人に推挙される。第49回院展の「仏説長阿含経巻五」「続深海曼茶羅」で文部大
                           臣賞受賞。東京芸術大学美術学部日本画科講師となる。
1966年 (昭和41年) 東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団に参加しトルコヘ。イヒララ渓谷の中世キリスト教
                           寺院、修道院の壁画模写に従事。
1967年 (昭和42年) 法隆寺金堂壁画再現事業に携わる。
1968年 (昭和43年) 7月から8月にかけて、アフガニスタンから中央アジアを旅行。仏教伝来の源流 を訪ね、この旅行
                           がシルクロードに情熱を傾ける発端となる。
1969年 (昭和44年) 東京芸術大学助教授となる。
1970年 (昭和45年) 日本美術院評議員に推挙される。
1973年 (昭和48年) 東京芸術大学教授となる。高松塚古墳壁画の現状模写に従事。アレキサンダー大王東征路の
                           考古学的調査団に参加。東京芸術大学イタリア初期ルネッサンス壁画調査団に参加。
1974年 (昭和49年) バチカン宮殿内現代宗教美術コレクションのため、新作「古代東方伝教者」を寄贈。ローマ法
                           王パウロ6世より大聖グレゴリオ騎士銀褒章を贈られる。
1975年 (昭和50年) 日本美術家代表団の一員として初めて訪中。
1976年 (昭和51年) 第8回日本芸術大賞を受賞。イラン・イラク・シリア・エジプト・トルコにて平山郁夫 日本画展開催。
1977年 (昭和52年) 第11回仏教伝道文化賞を受賞する。
1978年 (昭和53年) 第63回院展「面禅院青邨先生還浄図」で内閣総理大臣賞受賞。
1979年 (昭和54年) アテネ・北京・広州にて平山郁夫日本画展開催。中国スケッチ旅行で初めて敦煌 を訪れる。
1980年 (昭和55年) 奈良薬師寺玄奘三蔵院の壁画制作に取り組む。
1981年 (昭和56年) 日本美術院理事となる。
1983年 (昭和58年) 第1回東京芸術大学敦煌学術調査隊に参加。
1984年 (昭和59年) 奈良・薬師寺の玄奘三蔵院壁画制作に着手。 外務省日本中国文化促進代表 団に参加。
1985年 (昭和60年) 北京中央工芸美術学院外国人名誉教授となる。第2回東京芸術大学敦煌学術 調査隊に参加。
1986年 (昭和61年) NHK「大黄河展」取材のため中国旅行。
1987年 (昭和62年) 第3回東京芸術大学敦煌学術調査団に団長として参加。
1988年 (昭和63年) 東京芸術大学学術部長となる。ユネスコ親善大使に任命される。文化財保護振 興財団が発足。
                           理事に就任。
1989年 (平成 元年) 日本楼蘭学術文化訪問団団長として楼蘭遺跡を訪問。東京芸術大学第6代 学長となる。
1990年 (平成 2年) ポロブドゥール遺跡と海のシルクロード取材のため、インドネシアヘ。
1991年 (平成 3年) フランス国立ギメ東洋美術館で「平山郁夫シルクロード展」開催。フランス政府よ りコマンドール
                           勲章を授与される。
1992年 (平成 4年) 第77回院展に「アンコールワット遺跡 朝陽」「アンコールワット遺跡夕陽」を出 品。中国日中国
                           交正常20周年会議に出席。早稲田大学名誉博士となる。
1993年 (平成 5年) (財)芸術研究振興財団理事長に就任。11月文化功労者として顕彰される。アンコール遺跡救
                           済特別企画「平山郁夫の眼と仕事」を開催。
1994年 (平成 6年) 黒部峡谷を取材。宇奈月町制施行40周年記念特別講演を行う。
1996年 (平成 8年) 日本育英会会長。日本美術院理事長に就任する。来日中のシラク仏大統領よりレジオン・ドヌ
                           ール勲章を授与される。
1997年 (平成 9年) 故郷の瀬戸田町に平山郁夫美術館が開館。
1998年 (平成10年) 平山郁夫美術館で「平山郁夫─画業50年展」開催。文化勲章を受章する。広島 県名誉県民に
                           蹄彰される。
1999年 (平成11年) 平山基金を設立。フランス人文科学アカデミー外国人客員会員。米スミソニアン 協会からジェー
                           ムズ・スミソン賞を受賞(日本人初)。 2000年 (平成12年) ウズベキスタン共和国芸術アカデミー
                           からゴールドメダル顕彰。東京藝術大学大学美術館で「平山コレクション展」開催。 12月31日、
                           玄奘三蔵院《大唐西域壁画》完成。
2001年 (平成13年) 薬師寺玄奘三蔵院伽藍大壁画「大唐西域壁画」完成、公開。フィリピンのマグサイサイ賞財団
                           よりマグサイサイ賞を受賞。東京芸大大学学長に再任される。
2002年 (平成14年) 早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター設立。ユネスコ親善大使としてアフガニスタンの実情
                           を調査。
2003年 (平成15年) ユネスコ親善大使として北朝鮮を訪問。
2004年 (平成16年) 山梨県長坂町に平山郁夫シルクロード美術館開館。
2005年 (平成17年) 東京芸術大学学長に就任。
2007年 (平成19年) 東京国立近代美術館と広島県立美術館で回顧展を開催。
現在 日本美術院理事長



《前のページに戻る》