「神代植物公園」  《準備中》
(東京・調布市)
「牧野記念庭園」
(東京・調布市)
「光が丘公園」のご紹介
「光が丘駅」の周辺のご紹介
「うちの犬・光が丘の犬」
「うちの犬・街の仲間たち」


  ◆ 『トップページ』に戻る >



  ◆ 「光が丘公園」の『花』のページへ >



《光が丘公園と周辺地域の 「樹木」と「樹木の花」のご紹介》
・・・[練馬区・光が丘と周辺地域]編



◆このページは光が丘公園と周辺地域に植生、植栽している植物群を無作為に撮影、
   掲載したものです。随時更新で鋭意制作中であり、今後も追加の資料情報や画像、
   を増やし、皆が楽しめるホームページにしたいと思っております。
 
   ※下記掲載内容に間違いがあった場合、ご指摘頂けますと幸いです。  直ちに修正
      いたします。
 
           連絡メール  ⇒   [ 連絡メール]    ⇒    kuma-hitoshi@gm2000.co.jp




■樹木の名前をクリックしますと、その樹木画像がある項目へジャンプ(移動)します。 (アイウエオ順)
    ジャンプした項目の樹木画像が下部にある場合は画像が少し遅れてから表示されますので、ご了承
    ください。
    印は「鋭意・制作中」です。近日中にアップ予定ですので、少々、お待ちください。

■ 『あ行〜お行』- 【樹木/編】 - [1]
◆アカマツ(赤松)・【あ行−A組】   ◆アメリカスズカケノキ・【あ行−B組】 イチョウ(銀杏)・【い行−A組】
◆ウメ(梅林)・【う行−A組】 エンジュ(槐)・【え行−A組】

■ 『か行〜こ行』 -  【樹木/編】 - [2]
◆カクレミノ(隠れ蓑)・【か行−A組】   ◆キッコウチク(亀甲竹)・【き行−A組】 ◆クスノキ(樟、楠)・【く行−A組】
◆クマシデ(熊四手)・【く行−B組】  ◆クロガネモチ(黒鉄黐)・【く行−C組】 ◆クロマツ(黒松)・【く行−D組】  
◆ケヤキ(欅)・【け行−A組】 コブシ(辛夷)・【こ行−A組】

■ 『さ行〜そ行』- 【樹木/編】 - [3]
◆サザンカ(山茶花) ・【さ行−A組】   ◆サルスベリ(百日紅)・【さ行−B組】 サワラ(椹)・【さ行−C組】
◆シュロ(棕櫚)【し行−A組】   ◆シラカシ(白樫)・【し行−B組】   ◆スズカケノキ(鈴懸の木)・【す行−A組】

■ 『た行〜と行』 -  【樹木/編】 - [4]
◆タイサンボク(泰山木)・【た行−B組】 ツツジ(躑躅)・【つ行−A組】 ◆ドイツトウヒ(独逸唐檜)・【と行−A組】 
◆トウカエデ(唐楓)・【と行−B組】 ◆ドウダンツツジ(灯台躑躅)・【と行−C組】 ◆トチノキ(栃の木、橡の木)・【と行−D組】
◆どんぐり類・【と行−E組】

■ 『は行〜ほ行』 -  【樹木/編】 - [6]
◆ハナミズキ(花水木)・【は行−A組】 ハクウンボク(白雲木)・【は行−B組】 ◆ヒノキ(檜)・【ひ行−A組】
◆ヒマラヤ杉・【ひ行−B組】 ホオノキ(朴の木)・【ほ行−A組】

■ 『ま行〜も行』  -  【樹木/編】 - [7]
マテバシイ(馬刀葉椎)・【ま行−A組】 ◆メタセコイア・【め行−A組】 ◆モミジ(紅葉)・【も行−A組】

■ 『や行〜よ行』  -  【樹木/編】 - [8]
◆ヤマボウシ(山法師)・【や行−A組】   ユズリハ(譲葉)・【ゆ行−A組】 ◆ユリノキ(百合の木)・【ゆ行−B組】

■ 『ら行〜ろ行』  -  【樹木/編】 - [9]
◆ラクウショウ(落羽松)・【ら行−A組】
 



■【光が丘公園・全体案内図】】

◆(2013年5月)





■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【1】

 ・ 『あ行〜お行』 の コーナー



■『アカマツ』・・・[別名=雌松(メマツ)、オンナマツ]  ・ 【あ行−A組】



 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ @番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 「アカマツ」(赤松)の樹・・・[別名=雌松(メマツ)、オンナマツ]
 常緑針葉高木,マツ科,マツ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ A番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 「アカマツ」(赤松)は山野や、庭木に防風林として多く見受けられる。
 (2018年12月・下旬)


 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ B番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 成木の樹皮は剥がれて赤くなる。冬芽は赤褐色で細い鱗片が反り返って
 目立つ。葉は細くて明るい緑色で柔らかく、葉先に触れても痛くない。
  (2018年12月・下旬)
 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ C番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 アカマツ幹はやや曲がり、亀甲状に裂ける。樹高は30m〜35mに成長
 する。木材は粘り強く、建築材に使われ、火力が強いので薪などに使われ
 ている。   (2018年12月・下旬)


 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ D番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 老木の幹ほど赤くなり、根元の樹皮は網目状に裂ける。アカマツの葉は
 2本ずつ束になる。    (2018年12月・下旬)
 ◆『アカマツ』(赤松)      【あ行−(A組) ・・・ E番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 雄花は緑色がかった黄褐色で長さ1cm。雌花は紅紫色で2〜3個つく。
 樹の樹脂はテレピン油やワニスの原料になる。  (2018年12月・下旬)


[▲ ページのトップに戻る]
               ※画像が下部にある場合は、画像が少し遅れて表示されます。




■『アメリカスズカケノキ』 ・・・ 【あ行−B組】


 ◆「アメリカスズカケノキ」      【あ行−(B組) ・・・ @番】
   (自然観察ゾーンにて)

  巨木の「アメリカスズカケノキ」(自然観察ゾーンにて)
 
 ◆「アメリカスズカケノキ」      【あ行−(B組) ・・・ A番】
   (自然観察ゾーンにて)                                                ★【拡大画像】

  巨木の「アメリカスズカケノキ」--「ゆりの木広場」の角地にある。
 (自然観察ゾーンにて)


 ◆「アメリカスズカケノキ」      【あ行−(B組) ・・・ B番】
   (自然観察ゾーンにて)

  巨木の「アメリカスズカケノキ」(自然観察ゾーンにて)



[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【1】

 ・ 『あ行〜お行』 の コーナー



■・光が丘公園の『梅林』 ・・・ 【う行−A組】


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - @番]

 公園内の道案内の表示板      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - A番]

 園内の「梅林」      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - B番]

 7分咲きの梅林地域      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - C番]

 7分咲きの梅林地域      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - D番]

 8分咲き位の梅林地域      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - E番]

 8分咲き位の梅林地域      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - F番]

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - G番]             ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - H番]

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - I番]            ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - J番]              ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - K番]

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」 ・・・・ [う行−A組 - L番]

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - M番]           ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)


・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - N番]            ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)
・【光が丘公園】・・「梅林」  ・・・・ [う行−A組 - O番]           ★【拡大画像】

 綺麗に咲いた美しい梅林      (2016年2月)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『か行〜こ行』 の コーナー



■『カクレミノ』(隠蓑)・・・[別名=ミツデ] ・・・【か行−A組】

【品種名】 [カクレミノ]
【和 名】隠れ蓑(かくれみの)
【別 名】ミツデ,ミツナガシワ,カラミツデ,ウリノキ,ミツデガシワ,ミソブタ
【学 名】Dendropanax trifidus
【原産地】日本
【分 布】本州東北南部以南、四国、九州、沖縄
【科 名】ウコギ科,常緑小高木。
【属 名】カクレミノ属
【樹 高】3m〜15m前後。
【花 期】6月〜7月・・・古い葉は橙〜黄色に紅葉する。
【葉 柄】葉柄は長さ2〜7cm。葉は互生し、幼木や若木の葉は深く3つ〜5つに裂ける葉が
 多く、時に低い鋸歯が出る。木が大きくなると裂け目のない葉が増えてくる。
 花茎4mm〜5mmで花弁は5個ある。両面無毛で、裏は葉脈の網目が目立つ。
【植栽用途】公園樹、街路樹、庭木、生垣
【名前の由来】・葉の形が伝説上の「隠れ蓑」。
 「透明マント」のような代物で、それを着ると姿を消すことができるという想像上の蓑で、
 鬼や天狗の持ち物とされることから命名された。

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ @番】
 ・「光が丘パークタウン管理センター」の裏側                      ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の樹・・・[別名=ミツダ] - - 常緑小高木〜高木
 ウコギ科,カクレミノ属,庭木,公園樹,街路樹,庭木,生垣    (2018年11月)
 
 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ A番】
 ・光が丘公園-「体育館」の脇                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の樹・・・[別名=ミツダ] - - 常緑小高木〜高木
 ウコギ科,カクレミノ属,庭木,公園樹,街路樹,庭木,生垣    (2018年11月)
 


 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ B番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の樹からは、葉の形が異なるものが出ている。
 一部の葉からは紅葉が現れ、秋の到来を感じさせる。 (2018年11月)
 
 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ C番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の樹・・・[別名=ミツダ] - - 常緑小高木〜高木
 ウコギ科,カクレミノ属,庭木,公園樹,街路樹,庭木,生垣    (2018年11月)
 


 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ D番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の樹・・・[別名=ミツダ] - - 常緑小高木〜高木
 ウコギ科,カクレミノ属,庭木,公園樹,街路樹,庭木,生垣    (2018年10月)
 
 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ E番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 葉はツヤツヤとした光沢のある緑色で美しく、柔らかく、触ってもスベスベ
 していて気持ちが良い。    (2018年10月)
 


 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ F番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の葉を表側表面から撮影したもの。 (2018年10月)
 
 ◆「カクレミノ」(隠れ蓑)      【く行−(A組) ・・・ G番】
 ・「光が丘団地パークタウン」                                        ★【拡大画像】

 『カクレミノ』(隠れ蓑)の葉・・・葉の裏側から撮影したもの。 (2018年10月)
 


[▲ ページのトップに戻る]
               ※画像が下部にある場合は、画像が少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『き行』 の コーナー



■『キッコウチク』(亀甲竹) ・・・ 【き行−A組】



 ◆「キッコウチク」(亀甲竹)      【き行−(A組) ・・・ @番】
   (光が丘公園の「屋敷林」)                                          ★【拡大画像】

  「モウソウチク」(孟宗竹)の突然変異で亀の甲羅(こうら)のように似ている
  ので「キッコウチク」(亀甲竹)と名付けられた。 (2017年11月・下旬)
 ◆「キッコウチク」(亀甲竹)      【き行−(A組) ・・・ A番】
   (光が丘公園の「屋敷林」)                                          ★【拡大画像】

  光が丘公園の「屋敷林」の「キッコウチク」。        (2017年11月・下旬)
 


 ◆「キッコウチク」(亀甲竹)      【き行−(A組) ・・・ B番】
   (光が丘公園の「屋敷林」)                                          ★【拡大画像】

  「モウソウチク」(孟宗竹)の竹林でよく見受けられる。(2017年11月・下旬)
 ◆「キッコウチク」(亀甲竹)      【き行−(A組) ・・・ C番】
   (光が丘公園の「屋敷林」)                                          ★【拡大画像】

  光が丘公園の「屋敷林」の「キッコウチク」。        (2017年11月・下旬)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『く行』 の コーナー



■『クスノキ』(楠木) ・・・ 【く行−A組】



 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ @番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「クスノキ」の大木。        (2016年5月頃)
 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ A番】
   (自然保存ゾーン付近にて)                                      ★【拡大画像】

  「クスノキ」の大木・・・(自然保存ゾーン付近にて)        (2016年5月頃)


 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ B番】
 ・「光が丘駅前口」そばの「ふれあいの路」付近にて。        ★【拡大画像】

  この付近には「クスノキ」の樹木がたくさんある。         (2016年5月頃)
 
 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ C番】
 ・「光が丘駅前口」そばの「ふれあいの路」付近にて。        ★【拡大画像】

  クスノキの葉は防腐剤の原料となるため、葉を揉むと箪笥に入れる
  防腐剤の樟脳(しょうのう)の匂いがする。      (2016年5月頃)


 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ D番】
 ・「光が丘駅前口」そばの「ふれあいの路」付近にて。

この付近には「クスノキ」の樹木がたくさんある。        (2016年5月頃)
 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ E番】
 ・(自然保存ゾーン付近にて)                                        ★【拡大画像】

この付近には「クスノキ」の樹木がたくさんある。        (2016年5月頃)


 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ F番】
   (自然保存ゾーン付近にて)                                         ★【拡大画像】

  「自然保存ゾーン」の「クスノキ」の大木。        (2016年5月頃)
 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く−(A組) ・・・ G番】
   (自然保存ゾーン付近にて)

  「自然保存ゾーン」の「クスノキ」の大木。        (2016年5月頃)


 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ H番】
   (自然保存ゾーン付近にて)                                         ★【拡大画像】

  「自然保存ゾーン」の「クスノキ」の大木。        (2016年5月頃)
 ◆「クスノキ」(樟、楠)      【く行−(A組) ・・・ I番】
   (自然保存ゾーン付近にて)                                         ★【拡大画像】

  「自然保存ゾーン」の「クスノキ」の大木。        (2016年5月頃)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『く行』 の コーナー



■『クマシデ』(熊四手)・・・[別名=カタシデ、オオソネ]  ・・・ 【く行−B組】



 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ @番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 
 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ A番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木,
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 


 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ B番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木,
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 
 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ C番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木,
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 


 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ D番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木,
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 
 ◆「クマシデ」(熊四手)      【く行−(B組) ・・・ E番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 『クマシデ』(熊四手)の樹・・・[別名=カタシデ、オオソネ] - - 落葉高木,
 カバノキ科,クマシデ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『く行』 の コーナー



■『クロガネモチ』(黒鉄黐) ・・・ 【く行−C組】



 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ @番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)
 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ A番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)


 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ B番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)
 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ C番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)


 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ D番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)
 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ E番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)


 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ F番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)
 ◆「クロガネモチ」(黒鉄黐)      【く行−(C組) ・・・ G番】
   (光が丘消防署そば)                                                ★【拡大画像】

  「クロガネモチ」の樹。        (2018年12月・下旬)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【2】

 ・ 『く行』 の コーナー



■『クロマツ』・・・[別名=雄松(オマツ)、オトコマツ]  ・・・ 【く行−D組】



 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ @番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 「クロマツ」(黒松)の樹・・・[別名=雄松(オマツ)、オトコマツ]
 常緑高木,マツ科,マツ属,庭木,公園樹,街路樹    (2018年12月・下旬)
 
 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ A番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 「クロマツ」(黒松)は「海の松」で海岸沿いの岩場や、砂浜に防風林として
 多く見受けられる。 白砂青松(はくしゃせいしょう)と言われる松は主にクロ
 マツ林です。(2018年12月・下旬)


 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ B番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

  「クロマツ」(黒松)の樹。常緑高木で、樹高10m〜35m位に成長する。
   (2018年12月・下旬)
 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ C番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

  「クロマツ」(黒松)の葉は長さ10cm〜15cm、2本が束になってつく。
   (2018年12月・下旬)


 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ D番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

 「クロマツ」(黒松)の枝先の芽は白っぽいです。葉の長さは10cm〜15cm
 、先端は尖っており、触ると痛いです。球果は受粉して2年後の秋に熟し、
 松かさになります。 (2018年12月・下旬)
 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ E番】
 ・光が丘公園-「芝生広場-南西側の丘の上」                      ★【拡大画像】

  樹皮は灰黒色で老木は亀甲状に裂け目ができて剥がれ落ちます。
     (2018年12月・下旬)
 


 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ F番】
 ・光が丘公園南口-「光が丘高校」そば                      ★【拡大画像】

 雌雄同株。葉は針形で二本、三本であり、五本束生となるものもある。
  (2018年12月・下旬)
 ◆「クロマツ」(黒松)      【く行−(D組) ・・・ G番】
 ・光が丘公園南口-「光が丘高校」そば                      ★【拡大画像】

 庭木、盆栽、薪、建材、などに使われる。  (2018年12月・下旬)
  


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園] ・【け行−樹木】 /編のコーナー



■『ケヤキ』(欅) ・・・ 【け行−A組】



 ◆「ケヤキ」      【け行−(A組) ・・・ @番】
   (ケヤキ広場前)                                                        ★【拡大画像】

  ケヤキ広場の「ケヤキ」の大木。        (2016年5月頃)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【3】

 ・ 『さ行〜そ行』 の コーナー



■『サザンカ』(山茶花) ・・・ 【さ行−A組】



 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ @番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)
 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ A番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)


 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ B番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)
 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ C番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)


 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ D番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)
 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ E番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)


 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ F番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)
 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ G番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花した。        (2017年10月頃)


 ◆「サザンカ」(山茶花)      【さ行−(A組) ・・・ H番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

 光が丘公園の樹木「サザンカ」の花が開花する前の蕾。 (2017年10月頃)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【4】

 ・ 『さ行〜そ行』 の コーナー



■『サルスベリ』(百日紅=ヒャクジツコウ)・・・【さ行】 −[B組]

        
【品種名】 [サルスベリ]
【和 名】猿滑(さるすべり)
【別 名】百日紅(ヒャクジツコウ)
【学 名】Lagerstroemia indica(ラジェルストレミア・インディカ)
【英 名】Crape myrtle
【原産地】中国南部原産
【科 名】ミソハギ科,Lythraceae --禊萩(みそはぎ)科の落葉中高木。
【属 名】サルスベリ属  は、18世紀のスウェーデンの生物学者で、植物学者リンネの友人の
 「Lagerstroum 」さんの名前にちなむ。
【樹 高】2〜10m程度。直径30cmほどになる。
【樹 皮】樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらわれ、縞模様になります。
 樹皮のはがれた部分はつるつるしているところから、「猿も滑って落ちる→猿滑り」と
 いうのが、名前の由来とされています。
【開花期】7月〜10月
【葉 柄】葉は通常2対互生(コクサギ型葉序)、対生になることもある。
 直径3〜4cm程度の淡紅、白色や淡紫色の花がつく。紅紫などで円錐花序になり、がく
 は筒状で6裂、花弁は6枚で縮れている。
【植栽用途】公園樹、街路樹
【用 途】土木材、器具材、
【花言葉】「雄弁」、「饒舌」
【名前の由来】 
 漢字では「百日紅」という漢字を当てますが、これは約3ヶ月間、(約100日間)夏から
 秋まで咲き続け、ピンクの花を咲かせ、秋になると早めに落葉する。
 開花期間が長く、紅色の花が咲いていることから、百日紅ともいうのが名前の由来と
 なっている。
 中国では、唐代長安の紫微(宮廷)に多く植えられたため、紫薇と呼ばれる。
 江蘇省徐州市、湖北省襄陽市、四川省自貢市、台湾基隆市などで市花とされている。
 
【特 徴】 中国南部を原産とする夏を代表する花木の一つで、熱帯・亜熱帯に分布する。冬は
 落葉します。
 江戸時代以前に日本に渡来し、大和本草(1708年)にも掲載されており、各地に植えら
 れている。
 
                                   ●【サルスベリの種類】
 
 ◆[オオバナサルスベリ](Lagerstroemia speciosa) - 東南アジア原産。
    熱帯アジアからオーストラリアに分布、ジャワザクラとも呼ばれます。
    名前の通り径7cm前後の大きな花を咲かせます。花色は紅紫もしくは白。観賞用に
    栽培するほか、葉を「バナバ茶」として飲用する。
 
 ◆[シマサルスベリ](Lagerstroemia subcostata) - 日本の南西諸島に自生。
     タイワンサルスベリとも呼ばれます。屋久島から台湾にかけて分布。樹皮は赤褐色
    で、花色は白です。耐寒性があり、平地では並木などにも利用されます。
 
 ◆[ヤクシマサルスベリ](Lagerstroemia subcostata var. fauriei) - 日本の南西諸島に
     自生。  アカハダサルスベリとも呼ばれます。
    ヤクシマ原産、花は白色。うどんこ病耐性を持ちます。
 
 ◆[ムラサキサルスベリ](L. × amabilis)
    サルスベリとシマサルスベリの雑種と言われています。樹高はさほど高くならず、
    3m〜5mほど。花色は淡い紫色か鈍い白です。
 
                                   ●【サルスベリの園芸品種】
 
    園芸品種には低木性の’パープル・クイーン’や’サマー&サマー’、タネをまくと
    1年以内に開花する極低木性の’アスカ’などがあります。
    うどんこ病に耐性の持った品種に、ヤクシマサルスベリの交雑種’タスカローラ’
    (紅色花)や'ナチェ'(白花)があります。
 

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



■『サルスベリ』(百日紅) ・・・ 【さ行−B組】


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ @番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ A番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ B番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ C番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ D番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」の葉。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ E番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ F番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ G番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ H番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」の実と葉。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ I番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ J番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ K番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ L番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)
 ◆「サルスベリ」(百日紅)      【さ行−(B組) ・・・ M番】
   (光が丘公園にて)                                                    ★【拡大画像】

  光が丘公園団地敷地内の樹木「サルスベリ」。        (2017年9月頃)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【3】

 ・ 『さ行〜そ行』 の コーナー



■■『シュロ』(棕櫚)・・・【し行】 −[A組]

       
【品種名】 [シュロ](棕櫚)
【和 名】棕櫚(しゅろ)
【別 名】ワジュロ
【学 名】Trachycarpus Fortuni
【科 名】ヤシ科の常緑高木。
【属 名】シュロ属・・・属は種類が多く、熱帯地方を中心に253属、約3333種があるそうです。
【原産地】日本・・・雌雄異株で、稀に雌雄同株も存在する。
【分 布】九州南部に自生。広く暖地に植栽。中華人民共和国湖北省からミャンマー北部まで分布する。
【樹 高】5cm〜10cm
【花 期】5月〜6月
【果 期】9月〜11月
【花 色】黄色・・・・初夏に穂状花序をなして黄白色の花をつける
【花言葉】「勝利」「不変の友情」です。
【葉 柄】葉 柄は50cm〜100cm前後。
【植栽用途】公園樹、庭木
【用 途】円柱形の幹は黒褐色のシュロ皮と呼ばれる繊維で厚く覆われ、 この繊維で縄や箒(ほうき)、敷物などを作ります。若い葉をさらして帽子や敷物などをつくり,幹の鞘部に残る強靭な繊維 (いわゆるシュロ皮) を縄や刷毛 (はけ) などの材料に用いる。


  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



■『シュロ』(棕櫚) ・・・ 【し行−A組】



 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ @番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

 広大な「光が丘公園」にはジャングルみたいな一部の狭い密林が存在する。
        (2018年10月頃)
 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ A番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  「シュロ」(棕櫚)の木々が集中して植栽されている風景は圧巻である。
        (2018年10月頃)


 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ B番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  「シュロ」(棕櫚)の実が実っており、珍しい光景である。 (2018年10月頃)
 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ C番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  「シュロ」(棕櫚)の実が実っており、珍しい光景である。 (2018年10月頃)


 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ D番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

 細々とした樹木の葉が密集している樹林帯には色々な野鳥が集まってくる。
        (2018年10月頃)
 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ E番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

 光が丘公園の「シュロ」(棕櫚)の樹木。        (2018年10月頃)


 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ F番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  光が丘公園の「シュロ」(棕櫚)の樹木。        (2018年10月頃)
 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ G番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  光が丘公園の「シュロ」(棕櫚)の樹木。        (2018年10月頃)


 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ H番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  光が丘公園の「シュロ」(棕櫚)の葉。        (2018年10月頃)
 ◆「シュロ」(棕櫚)      【し行−(A組) ・・・ I番】
・光が丘公園『「自然保全ゾーン』、『自然観察ゾーン』にて     ★【拡大画像】

  光が丘公園の「シュロ」(棕櫚)の葉。        (2018年10月頃)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【3】

 ・ 『さ行〜そ行』 の コーナー



■『シラカシ』(白樫)・・・【し行】 −[B組]

       
【品種名】 [シラカシ](白樫)
【和 名】白樫(しらかし)
【学 名】Quercus myrsinifolia (シノニムCyclobalanopsis myrsinifolia)
【英 名】Chinese evergreen oak
【科 名】ブナ科[Fagaceae]の常緑高木。
【属 名】コナラ属[Quercus(クエルクス)]
【原産地】日本、中国、朝鮮、台湾
【樹 高】15〜25m
【樹 皮】樹皮は灰黒色で縦すじが入ります。
【開花期】4月〜5月、雌雄同株(しゆうどうしゅ)
【果 期】9月〜12月
【花言葉】勇気、力、長寿
【葉 柄】葉は互生し、披針形または長楕円状披針形である。
 長さ5〜13cm、幅2〜3cm。先端は鋭く尖る。
【植栽用途】公園樹、街路樹、庭木、生垣、防風樹、防火樹、
【用 途】機械、楽器、船舶、建築・土木材、農・器具、大工道具、木炭木刀、薪

【日本産のカシ類(樫)と呼ばれる樹】
 
◆アラカシ(粗樫)、◆ウバメガシ(姥目樫)、◆アカガシ(赤樫)、◆ツクバネガシ(衝羽根樫)、
◆ウラジロガシ(裏白樫)、◆イチイガシ(一位樫)、◆ハナガガシ(葉長樫)、◆シラカシ(白樫)、
◆オキナワウラジロガシ(沖縄裏白樫)、

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



■『シラカシ』(白樫) ・・・ 【し行−A組】



 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ @番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  シラカシの樹には小さな実が付き、秋には「どんぐり」に成長する。
  葉は密集し、樹形は楕円形になることが多い。 (2018年12月・下旬)
 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ A番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  シラカシの葉は細く、裏側は淡緑色。葉は両面とも無毛である。
   (2018年12月・下旬)


 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ B番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  樫(カシ)と呼ばれる樹は日本に9種類あり、いずれも「どんぐり」を付ける。
  「シラカシ」(白樫)は常緑高木で関東地方に多い。  (2018年12月・下旬)
 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ C番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  北海道や、東北地方内陸部では気温が低く、カシ(樫)類はほとんど見ら
  れません。    (2018年12月・下旬)


 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ D番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  「シラカシ」(白樫)や、「アラカシ」(粗樫)の幹の表面は滑らかでよく似て
  いる。 中には表面がザラザラしているものもある。 (2018年12月・下旬)
 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ E番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  「シラカシ」(白樫)の樹皮は灰黒色で縦すじが入る。 (2018年12月・下旬)
  


 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ F番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  「シラカシ」(白樫)は鋸歯はあるが、それほど尖ってはいない。
          (2018年12月・下旬)
 ◆「シラカシ」(白樫)      【し行−(B組) ・・・ G番】
   (光が丘公園-「芝生広場」南西の小さな丘にて)               ★【拡大画像】

  シラカシの「どんぐり」は夏の終わりころに実がなる
          (2018年12月・下旬)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■『スズカケノキ』(鈴懸の木) ・・・ 【す行−A組】



 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ @番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)
 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ A番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)


 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ B番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)
 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ C番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)


 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ D番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)
 ◆「スズカケノキ」(鈴懸の木)      【す行−(A組) ・・・ E番】
   (芝生広場にて)                                                ★【拡大画像】

  芝生広場の「スズカケノキ」の樹。        (2016年5月頃)



[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【4】

 ・ 『た行〜と行』 の コーナー



■『タイサンボク』(泰山木、大山木) ・・・【た行】 −A組


【品種名】 [タイサンボク]
【和 名】泰山木、大山木
【別 名】ハクレンボク(白蓮木)
【学 名】Magnolia grandiflora
【英 名】evergreen magnolia(エバーグリン・マグノリア)
【学 名】エバーグリンは常緑、マグノリアはシモクレンやコブシ、ホオノキなどを
 含むモクレン科モクレン属の学名で、「常緑のモクレン」という意味です。
【花言葉】「前途洋々(今後の人生が大きく開けていて」「希望に満ちあふれている)」
 「壮麗(大きく立派で美しい)」「威厳をつける」
【原産地】北アメリカ原産
【科 目】モクレン科
【属 名】モクレン属、落葉高木である。
【樹 高】10〜20m前後。卵形。常緑高木、小高木。
【樹 皮】灰黒色で、老木は不規則に割れてはがれる。丸い皮目が目立つ。
【開花時期】花期5月〜7月頃、果実は10月〜11月頃
【葉身長】15〜25cm
【葉 柄】2〜4cm
【花】直径15〜25cmの大形の白色の花が枝先に1つずつつく。
 9枚ある花被片はすべて花弁状。
【用 途】公園樹、街路樹、庭木
【特 徴】タイサンボクの花はホオノキに似て、径25cmにも達し、日本で見られる樹木では
 最大級の大きさです。実は長さ約10cm。6月頃、ホオノキに似た大きな白い花
 を咲かせ、開ききると直径20cm以上になる。
 葉は大型で肉厚で硬く、葉の表は強い光沢があり、やや反り返って曲面になる。
 葉裏は毛が密生して赤茶色〜金色に見えるので見分けやすい。
 花は強い芳香を放ち、香りは香水にも使われています。
 葉の広狭に変異があり、日本で植栽されているものは、葉がやや細い栽培品種
 「ホソバタイサンボク」が多いといわれる。成木は裂け目がなく、滑らか。
 寒さには弱く、北海道や本州北部ではよく育たないようです。
 タイサンボク(泰山木・大山木)はミシシッピ州とルイジアナ州の州花でもあります。
 ▲よく似た種類---ユズリハ/マタバシイ/ホオノキ/シャクナゲ類/ビワなど
 《モクレン属の特徴》
 ◆葉の基部に枝を一周する托葉痕がある。
 ◆葉は先寄りで幅が最大になる種が多い。
 ◆花や折った枝に芳香がある種が多い。
 ◆冬芽はキャップ状で芽鱗は1枚。
 ◆袋果は裂けて赤い種子をぶら下げる。
 

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ @番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ A番】
   (芝生広場にて)

  (芝生広場にて)


 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ B番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ C番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ D番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ E番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ F番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ G番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ H番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ I番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ J番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「タイサンボク」      【た行−(A組) ・・・ K番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編・・・【と行−樹木】 /編・・・【4】

 ・ 『た行〜と行』 の コーナー



■『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)・・・【と行】 −(A組)


【品種名】[ドイツトウヒ](独逸唐桧)
【科目・属名】マツ科トウヒ属・・・(常緑針葉高木)
【別 名】オウシュウトウヒ(欧州唐桧)、ヨーロッパトウヒ(ヨーロッパ唐桧)、ドイツマツ
【英 名】Norway spruce
【学 名】Picea abies
【原産地】ヨーロッパ、西シベリア原産
【分布】ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布、低地から森林限界付近まで生育している。
【樹 高】30m
【樹 形】 ドイツトウヒは円錐形の樹形でよくまとまっっている。クリスマスツリーとしてもモミ
     の木などとともに人気があるが、ツリーとしての本物はこの木とされている。
     成木は樹高30mに達し、老木ほど枝が垂れる。 長さが10cmを超える長い球果とやや固めで細い葉で区別が出来る。
【球果】 球果はモミの木にそっくりなので、一見してもモミの木と区別がつかないが、世界
     のトウヒ属の中で最も大きく、長さ10〜20cm、径3〜4cmと長い。
【葉の特徴】 本属の中では、葉が細く長く、葉先は尖り、触れるとやや痛い。
     若枝は赤褐色で普通は無毛。葉枕が突出する。
【最長樹齢年数】 2008年、スウェーデン・ウーメオ (Umea) 大学レイフ・クルマン (Leif Kullman) 教
     授らのチームが、同国ダラルナ (Dalarna) 地方で発見されたオウシュウトウヒの樹齢(正確には根の部分の年齢)を約9,550年とする報告を発表した。これは現
     在確認されている中では世界最長の樹齢である。(この項目ウィキペディアより)
【用 途】日本には明治中期に導入された。公園樹、庭木、パルプ材、クリスマスツリーと
     して多く用いられている。防風林にもされ、北海道などでは鉄道の防風、防雪林
     に植えている。木材用途としてはスプルース類の代替材として利用され、北海道
     を中心に輸入されている。
     建築材、器具、土木、パルプ用包装用、ヴァイオリンや、ギターの表板やピアノの響板などの楽器用に使われる。


  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【4】

 ・ 『と行』 の コーナー



■『ドイツトウヒ』(独逸唐桧) ・・・ 【と行−A組】



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  @番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  A番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  B番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  C番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  D番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  E番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  F番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  G番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  H番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  I番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  J番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)
◆ 『ドイツトウヒ』(独逸唐桧)        【と行 ・・・ (A組) −  K番
     [別 名] = オウシュウトウヒ,欧州唐桧,ヨーロッパトウヒ、ドイツマツ
                                                                                ★【拡大画像】

  公園西側-(芝生広場-あずま屋「太陽」そば)・・・(2019年3月・上旬)



[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園] ・・・【と行−樹木】 /編のコーナー



■『トウカエデ』(唐楓)・・・【と行】 −(B組)


【品種名】[トウカエデ](唐楓)
【科 目】ムクロジ(カエデ)科カエデ属、落葉高木
【和 名】トウカエデ(唐楓)
【別 名】サンカクカエデ(三角楓)、オジュロ、 唐楓
 江戸時代、中国から渡来したことからこの名前がつけられた。
【英 名】Trident maple
【学 名】Acer buergerianum
【原産地】中国東南部原産
【高 さ】10cm〜15m前後
【開花時期】4月日〜5月
【花持ち期間】2ヶ月
【花の色】淡黄色
【用 途】街路樹、公園樹、庭木、盆栽。
  
【種類】:
     日本にはモミジ類を含め、約27種類ものカエデが分布している。寒い地方にはカエデ
     の種類が多く、いずれも紅葉がさわやかで、赤、オレンジ、黄色などに美しく紅葉します。
【幹】:
     幹は灰黒色。成木の樹皮は荒々しく縦に剥がれ、老木は鱗片状に剥がれる。
【葉】:
     葉は対生で無毛である。  葉身は長さ4〜8cmで、葉先は3つに浅く裂け、単葉・倒卵形
     である。
     勢いが強いほど、葉が大型で切れ込みが深くなる。若葉はピンクが混じった黄白色、夏は
     黄緑色、秋に紅葉する。成木は全緑か、ごく小さな鋸歯がある。葉形の似た「フー」に比べ、
     鋸歯はややまばらで鈍い。葉はやや硬い質感があり、3本の主脈が目立つ。裏は白みを
     帯びる。成葉は両面無毛である。
【花】:
     枝先に淡黄色の小さな花をつけますが、1つの花序に雄花と両性化が混じって花が咲き
     ます。2枚の翼を広げた果実を小枝の先につけます。花期は4〜5月。
【果実】:
     トウカエデはケデ科で翼果がつく。で、9〜10月に光沢のある深紅色に熟す。


  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  @番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (公園東側-「ユリノキ広場」近くのディキャンプ・バーベーキュー広場)
◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  A番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)


◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (A組) −  B番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)
◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  C番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)


◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  D番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)
◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  E番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)


◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  F番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)
◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  G番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)


◆ 『トウカエデ』(唐楓)        【と行 ・・・ (B組) −  H番】
     [別 名] = 「サンカクカエデ」                                 ★【拡大画像】

  (芝生広場・西側のあずまや「太陽」に向かって左側)・・・(2018-6)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■『ドウダンツツジ』(灯台躑躅)・・・【と行】 − [C組]


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ @番】
                                                                                ★【拡大画像】

  咲き誇った紅葉が美しい。   (2018年11月--「もみじ亭」そばの林にて)
 
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ A番】
                                                                                ★【拡大画像】

  花は白い壺形で散形状につく。   (2016年4月--芝生広場にて)
 


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ B番】

 花は白い壺形で散形状につく。 (芝生広場にて)
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ C番】

  花は白い壺形で散形状につく。   (2016年4月--芝生広場にて)


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ D番】
                                                                                ★【拡大画像】

  花は白い壺形で散形状につく。   (2016年4月--芝生広場にて)
 
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ E番】
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ F番】
                                                                                ★【拡大画像】

  花は白い壺形で散形状につく。   (2016年4月--芝生広場にて)
 
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ G番】
                                                                                ★【拡大画像】

  花は白い壺形で散形状につく。   (2016年4月--芝生広場にて)
 


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ H番】
                                                                                ★【拡大画像】

  小さな子供が木に登り、枝が折れてしまった「ドウダンツツジ」の木。
   (2017年--芝生広場にて)
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ I番】
                                                                                ★【拡大画像】

 痛々しく小枝が折れてしまい、木登り禁止の注意書きとなった「ドウダン
 ツツジ」の木     (2017年--芝生広場にて)


 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ J番】
                                                                                ★【拡大画像】

      (2017年--芝生広場にて)
 
 ◆「ドウダンツツジ」(灯台躑躅)      【と行− [C組] ・・・ K番】
                                                                                ★【拡大画像】

      (2017年3月--芝生広場にて)
 


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【4のコーナー】

 ・ 『た行〜と行』 の コーナー



■『トチノキ』(栃の木、橡の木)・・・【と行】 −(D組)


【品種名】トチノキ
【別 名】なし
【漢字名】栃の木、橡の木
【学 名】Aesculus turbinata
【英 名】Horse chestnut
【科 目】ムクロジ科(トチノキ)、トチノキ属の落葉広葉樹。高木
【樹 高】10m〜25m
【幹回り】涼しい山地の谷沿いに生える大木で、幹は直径1m以上になることもある。
【葉の特徴】天狗の団扇(うちわ)のような大きな葉で、長さ30cm以上にもなる。
 葉は日本産広葉樹最大の掌状複葉で対生する。小葉は7枚、時に5枚や9枚。
【樹 皮】黒褐色で滑らか。老木で大木になると樹皮が大きくはがれ、波上の模様が現われる。
【花の色と花期】白色、初夏の5月〜6月に白花が咲き、秋に径4〜5cmの丸い実がなる。
【分 布】北海道西部〜九州の冷温帯に自生。
【用 途】街路樹、公園樹、庭木、建築、器具、楽器材
【特 徴】 トチノキは街路樹や、公園樹としても多く見られ、俗に「マロニエ」(セイヨウトチノキのフランス語名)
 と呼ばれていることもあります。
 近縁種でヨーロッパ産のセイヨウトチノキ (Aesculus hippocastanum) が、フランス語名「マロニエ:marronnier」としてよく知られている。
 鋸歯は目立たず、やや波上になる。葉裏に毛が密集するものは品種ウラゲトチノキと呼ばれる。
 果実は大きな丸い実をつけ、色は濃く、中には艶、形ともにクリに似た球状タネが入っている。
 一般的に「栃の実」と呼ばれて食用にされる。種子はデンプンやタンパク質を多く含み、「栃の実」と、
 してすり潰して粉にし、栃もちや栃せんべいにして食べられます。
 種子は渋抜きとしてアクを抜く作業が必要となる。

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・@番
    [自然保全ゾーンの遊歩道]にて                                 ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)
 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・A番
    [芝生広場]の樹木「トチノキ」                                       ★【拡大画像】

◆公園樹として芝生広場に落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)


 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・B番
    [テニスコート脇の遊歩道]にて                                 ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)
 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・C番
    [テニスコート脇の遊歩道]にて                                 ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)


 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・D番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)
 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・E番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)


 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・F番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)
 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - D組]・・・G番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)


 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・H番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)
 ◆【トチノキ】(栃の木、橡の木)     【と行】 - - [D組]・・・I番
    「ボランティア花壇」そばの遊歩道にて                           ★【拡大画像】

◆公園樹として遊歩道沿いに落葉高木として林立する「トチノキ」。
    (2017年5月)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園] ・・・【と行−樹木】 /編のコーナー



■『多目的広場の(どんぐりの木)』・・・【と行】 −(E組)


【品種名】[ドングリ]【秋】に実がなる
【別 名】品種によって異なる。
【分布地】日本全国、朝鮮、中国、台湾、アジア地域
【科 目】ブナ科
【高 さ】落葉高木や、常緑小高木がある。
【開花時期】春に咲き、果実は秋に実る
【主な特徴】ドングリは「ブナ科」の「ナラ」や「カシ」などの仲間の果実をいいます。
 ドングリのなる木はどれも春に花が咲きます。果実はその年の秋に実るものと、次の年
 の秋に実るものがあります。
 ドングリは20種類以上あり、針のような鱗片のある殻(かく)や、丸いお椀形の殻(かく)とに
 包まれているものが多く、見分ける時の目安となります。
 
【ドングリの種類】 @ アベマキ (d) [ブナ科]  ■落葉高木    ■高さ 10m〜15m以上   ◆秋
 A アカガシ (赤樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 20m位   ◆秋
 B アラカシ (粗樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 20m以上   ◆秋
 C イチイガシ (一位樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 大きいものは高さ30mに達する。   ◆秋
 D ウバメガシ (姥目樫) [ブナ科]  ■常緑小高木    ■高さ 5m〜10m   ◆秋
 E ウラジロガシ (裏白樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 15m〜20m   ◆秋
 F カシワ (柏) [ブナ科]  ■落葉高木    ■高さ 10m〜15m   ◆秋
 G クヌギ (椚)・(シダミ) [ブナ科]  ■落葉高木    ■高さ 10m〜15m   ◆秋
 H コジイ (小椎) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 20m位   ◆秋
 I コナラ (小楢) [ブナ科]  ■落葉高木    ■高さ 5m〜10m   ◆秋
 J シラカシ (白樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 10m〜20m   ◆秋
 K シリブカガシ (尻深樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 10m〜15m   ◆秋
  L スダジイ (すだ椎) 【別名】(イタジイ) [ブナ科] ■常緑高木 ■高さ 30mにもなる。 ◆秋
  M ツクバネガシ (衝羽根樫) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 20mほど   ◆秋
 N ナラガシワ (楢柏) 【別名】(カシワナラ) [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 10m〜15mm   ◆秋
 O マテバシイ  [ブナ科]  ■常緑高木    ■高さ 15mになる。   ◆秋
 ;P ミズナラ (水楢)・(オオナラ) [ブナ科]  ■落葉高木    ■高さ 20m〜30m   ◆秋

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 太くて、大きな樹木で大地にしっかりと根づいてどっしりとしている。
                                                      (2013年9月)
◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 高木であり、周辺にも馴染み、大地にしっかりと根づいている。
                                                      (2013年9月)


◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 どんぐりは20種類以上もあり、どれも似ていて判別には苦労する。
 この種類は「コナラの木」であると思われる。 (2013年9月)
◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 どんぐりの実が殻から抜け落ちてしまっている。   (2013年9月)
 


◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 このドングリの葉はのこぎりのようにギザギザしている。
 (2013年9月)
◆ 「どんぐりの木」 ・・・ (E組)                         (多目的広場にて)

 地上に落ちたどんぐりの実  ドングリの種類の見分け方は実の形状
 と葉の形、樹の皮の形質で判別する。    (2013年9月)


■「多目的広場」の(どんぐりの木)   ・・・ 【F組】


 ・光が丘公園 −どんぐりの木・『コナラ』       【F組 ・・ @】

◆この場所は公園-東側のあずま屋「ドーム」と「ゲートボール場」
   の中間の樹林帯にあります。                (2013年9月)
A 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆周辺にも大地にしっかりと根づいている。        
                    (2013年9月)


B 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆枝にどんぐりの実がなっている。   (2013年9月)
C 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆枝にどんぐりの実がなっている。   (2013年9月)


D 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆枝にどんぐりの実がなっている。     (2013年9月)
E 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆どんぐりの実が殻斗(かくとう)から抜け落ちている。(2013年9月)


F 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆枝にどんぐりの実がなっている。     (2013年9月)
G 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆葉の縁はのこぎりのようにギザギザしている。 (2013年9月)


H 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆地上に落ちたどんぐりの実        (2013年9月)
I 【どんぐりの木】         『コナラ』

◆地上に落ちたどんぐりの実        (2013年9月)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部の位置にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【6-のコーナー】

 ・ 『は行〜ほ行』 の コーナー



■『ハナミズキ』(花水木) ・・・【は行】 −(A組)


【品種名】[ハナミズキ]
【和 名】花水木(ハナミズキ)・・・花が美しく目立つミズキの意味。
【別 名】アメリカ山法師(アメリカヤマボウシ)
 「アメリカヤマボウシ」の名はアメリカ原産でアメリカから渡来したときに、日本の近縁種
 の「山法師」(ヤマボウシ)に似ているのでこの名前がつけられた。
【英 名】Flowering Dogwood 「ドッグウッド」
 花水木の樹皮を煎じて犬のノミ退治に使ったことから。
【学 名】Cornus(Benthamidia) florida
【原産地】北アメリカ東部原産、メキシコ北東部
【科 目】ミズキ科ミズキ属、ヤマボウシ亜属の落葉小高木
【高 さ】400cm〜1000cm
【開花時期】4月10日〜5月10日頃
【花持ち期間】5〜7日程度
【花の色】白、桃、紅、ピンク、淡黄、黒紅
【花言葉】「華やぐ心」、「永続性」、「返礼」、「私の想いを受けてください」
【用 途】街路樹、公園樹、庭木。
  
【葉】:
対生で、枝先に集まってつく。葉身は長さ8〜10cm、幅4〜6cmの卵状の楕円形で、葉先は
急鋭尖頭。葉の基部は広いくさび形で左右不同。葉縁は全縁で、波状となる。
葉の表は緑色で全面に毛を散生する。裏は粉白色で、葉脈上に短い伏毛が密生し、脈腋には
毛叢がある。側脈は4〜6対で、はっきり見える。
【幹】:
幹は灰黒色。網状に深い割れ目が入り、ごつごつして、カキノキの樹皮に似ている。
【樹形】:
幹はまっすぐ大きく育つ。幹は直立し、分枝する。樹冠は盃状。
【花】:
両性花。花期は4〜5月。開葉前に、樹冠を覆うように、ひとつの花のように見える4枚の総?片の
中心に黄緑色の小さな花が15〜20個集まった球形の団集花序をつける。
花弁は4個で、長さ6mmほどの長楕円形でそり返る。雄しべは4個、花弁よりも短い。
萼筒は淡緑色で浅く4裂し、萼片は三角形。
【果実】:
液果状の核果(長さ1cm、楕円形)で、9〜10月に光沢のある深紅色に熟す。
先端に黒い宿存萼(花が枯れ落ちた後も残った萼)がある。ヒヨドリなどの野鳥の好物。
核は褐色または黒褐色で、中央に溝がある。種子は2個で、紡錘形で淡褐色。
【用途】:
街路樹、公園樹、庭木。土壌を選ばず比較的どこでも良く育つ。
材は硬いので、彫刻材、木製歯車などに用いられる。
  
   [文:生原 喜久雄氏(はいばらきくお) 東京農工大学 名誉教授 森林生態学]・・・(参照)


 【花の由来】
 1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が日米友好を願い、 アメリカ合衆国ワシントン州と
 ニューヨーク州へそれぞれ12種類のサクラ、「アリアケ」(有明)・「イチヨウ」(一葉)・「カンザン」
 (関山)・「ギョイコウ」(御衣黄)・「ジョウニオイ」(上香)・「シラユキ」(白雪)・「スルガダイニオイ」
 (駿河台匂)・「ソメイヨシノ」(染井吉野)・「タキニオイ」(滝匂)・「フクロクジュ」(福禄寿)・「フゲン
 ゾウ」(普賢象)・「ミグルマガエシ」(御車返))の3000本が送られた。  この送られたサクラの苗木
 は東京府江北村(現足立区)赤川堤から穂木を取って増殖されたものである。  ニューヨーク州
 に送られたサクラはほとんど枯死してしまったが、ワシントン州ポトマック湖畔では送られた
 ”染井吉野”と”関山”を中心に現在では3700本ものサクラが植えられている。  現在では米国で
 広まった”アメリカ”や”タケシマザクラ”なども植栽されている。
 日本における植栽は、その返礼として1915年(大正4年)にアメリカから贈られてきたのが由来
 です。
 「ハナミズキ」は英語では「dogwood 」と呼ばれる。「dogwood」 の語源には諸説あるが、一説には
 17世紀頃に樹皮の煮汁がイヌの皮膚病治療に使用されたためと言われ、他には、木製の串
 (英古語: dag, dog)を作る材料に使われる堅い木であったことからとも言われる。
 ただし、イヌの皮膚病治療に使ったとされる「dogwood」 は、同じミズキ科の植物でも「セイヨウサン
 シュユ」と考えられており、「ハナミズキ」とは異なる。
  

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  @番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  A番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  B番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  C番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  D番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  E番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  F番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  G番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  H番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  (光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-10-01)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  I番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  ・赤い実をつけた「ハナミズキ」(体育館のそばにて)・・・(2015-10-01)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  J番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  ・赤い実をつけた「ハナミズキ」(体育館のそばにて)・・・(2015-10-01)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)       【は行 ・・・ (A組) −  K番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)                                 ★【拡大画像】

  ・赤い実をつけた「ハナミズキ」(体育館のそばにて)・・・(2015-10-01)


◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  L番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  ・「ハナミズキ」の葉-(光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)
◆ 「ハナミズキ」 (花水木)        【は行 ・・・ (A組) −  M番】
     [別 名] = (アメリカヤマボウシ)

  ・「ハナミズキ」の葉-(光が丘公園-体育館のそばにて)・・・(2015-05-15)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園] ・・・【ひ行−樹木】 /編のコーナー



■『ヒノキ』(檜) ・・・【ひ行】 −(A組)


 ◆「ヒノキ」      【ひ行】−(A組) ・・・ @番
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)
 ◆「ヒノキ」      【ひ行】−(A組) ・・・ A番
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


 ◆「ヒノキ」      【ひ行】−(A組) ・・・ B番
   (芝生広場にて)                                                        ★【拡大画像】

  (芝生広場にて)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園] ・・・【ひ行−樹木】 /編のコーナー



■『ヒマラヤスギ』 ・・・【ひ行】 −(B組)


【品種名】 [ ヒマラヤスギ]
【和 名】ヒマラヤ杉
【英 名】Deodar Cedar,  Himalayan Cedar
【別 名】ヒマラヤシーダ(Himalayan cedar)
【学 名】Cedrus deodara
【原産地】ヒマラヤ〜アフガニスタン原産
【分 布】中央アジア原産。各地に植えられる。
【科 目】マツ科ヒマラヤスギ属
【花期・果実】雌雄同株、雌雄異花で10月〜11月
【樹 高】20〜30m・円錐形、常緑高木
【植栽地域】公園樹、街路樹、庭木
【葉 形】単葉・針形、葉は一見「カラマツ」に似るが、より硬く、葉先に触れると痛い。長さ4cmほどの
 細い針状で銀緑色で美しい。短枝に数十本の葉が束生する。
【樹 皮】灰褐色。老木になると鱗片状にはがれる。
【樹 形】枝先が垂れる三角形のピラミット形の雄大な樹形で、最も美しい庭園や公園樹の一つ。
【用 途】庭木、公園・街路樹、建築・土木・器具材
【花の色】黄褐色(雄花)、淡緑色(雌花)
【名前の由来】名はスギであるが、マツの仲間である。マツ科は世界に9属があり、その中で
 主要な7属はマツ属、モミ属、トガサワラ属、ツガ属、トウヒ属、カラマツ属、ヒマラヤスギ属で、これらには林業上
 重要な樹種が多く、すべて北半球の温帯から亜寒帯に分布している。日本にはヒマラヤスギ属以外の6属が自生しており、
 マツ科の主要な自生地である。
【特 徴】(明治12年頃渡来し、観賞用に公園などに植えられて親しまれています。
 「ヒマラヤスギ」は「コウヤマキア」や、「ナンヨウスギ」とともに、世界三大庭園樹の一つである。
 幹が直上し、太い枝が水平に広がった円錐形樹型がスギに似ているので、この名がついて
 いますがマツの仲間です。
 長卵形の大きな球果(長さ6〜13cmの球果)は、秋に受粉し、翌年の秋〜晩秋に緑から赤褐色
 に熟します。雄花は円錐形で、長さは約3cm、雌花は、5mm程度と小さい。

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − @番
   (光が丘公園)                                                         ★【拡大画像】

  (芝生広場のあずま屋「サクラ」そばにて)
 
◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − A番

  (芝生広場のあずま屋そばの「サクラ」そばにて)


◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − B番
   (光が丘公園)                                                         ★【拡大画像】

  (芝生広場のあずま屋「ヒマラヤ」の街路沿いにて)
 
◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − C番

  (芝生広場のあずま屋「ヒマラヤ」の街路沿いにて)


◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − D番
   (光が丘公園)                                                         ★【拡大画像】

  (芝生広場のあずま屋そばの「ヒマラヤ」の街路沿いにて)
◆ 「ヒマラヤスギ」 ・・・ (B組) − E番
   (光が丘公園)                                                         ★【拡大画像】

  (芝生広場のあずま屋「ヒマラヤ」の街路沿いにて)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園] ・・・【ふ行−樹木】 /編のコーナー



■『フジ』 (藤)・・・【ふ行】 −(A組)


【品種名】 [フジ]
【別 名】ムラサキナツフジ、サッコウ
【花言葉】陶酔する恋
【原産地】日本・中国
【科 目】マメ科ウィステリア属・低木
【ふさの長さ】落葉つる性・30cm〜90cm(改良種は200cmになるものもある)
【開花時期】4月〜6月
【花の色】紫、薄紫、白、ピンク、
【特 徴】花のふさの長いノダフジ系、ふさは短めで花が大きいヤマフジ系などの品種があります。
 花の穂は長く、つけ根から咲きだします。

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 「フジ」 (藤) ・・・ (A組) − @番

  (ゲートボール場のあずま屋にて)
◆ 「フジ」 (藤) ・・・ (A組) − A番

  (ゲートボール場のあずま屋にて)


◆ 「フジ」 (藤) ・・・ (A組) − B番

  (ゲートボール場のあずま屋にて)


[▲ ページのトップに戻る]
※花の画像が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【7のコーナー】

 ・ 『ま行〜も行』 の コーナー



■『メタセコイア』(別 名=「曙」) ・・・【め行】 −(A組)


【め行】
 
【品種名】 【メタセコイア】 [Metasequoia glyptostroboides Hu et Cheng]
【別 名】アケボノスギ (曙杉)、イチイヒノキ
【学 名】Metasequoia glyptostroboides Hu et W.C.Cheng
【英 名】dawn redwood
【原産地】中国南西部原産
【科 目】ヒノキ科(またはスギ科)、メタセコイア属
【属 名】メタセコイア属の針葉樹。1属1種。円錐形、落葉高木。
【樹 高】生長すると高さ25〜30m前後。直径1.5m。
【樹 皮】赤褐色で縦に粗く裂けて薄くはがれる。
【花 期】雌雄同株で、花期2月〜3月頃、雄花は総状花序、あるいは円錐花序となって枝から 垂れ下がる。
【葉 柄】葉はモミやネズに似て線のように細長く、長さは-3 cm程度、幅は1-2 mm程度で、 羽状に対生。
【葉 色】秋に赤茶色に紅葉した後、落葉する。
 結実は多く、卵状球形の球果で直径2cm前後。緑から褐色に熟す。秋から冬にかけて無数の種が
 地表に落ちる。
【用 途】公園樹、街路樹、緑化樹、庭木
【特 徴】 メタセコイアの化石は日本各地の新生代第三紀層に見られ、カナダ北部・シベリア・グリーンランド
 など北半球の北極周辺に広く分布していた。
 1939年に日本の関西地方の第三紀層で、常緑種のセコイアに似た落葉種の植物遺体(化石の1種)
 が発見された。発見者の三木茂により、セコイアに「のちの、変わった」という意味の接頭語である
 「メタ」をつけて「メタセコイア」と命名され、1941年に学会へ発表された。それまで発見されていたヌマ
 スギやセコイアと異なると考え、メタセコイア属を設けた。また、落葉樹であることも推定した。
 
 当初、「化石」として発見されたために絶滅した種とされていたが、1945年に中国四川省磨刀渓村
 (現在は湖北省利川市)の「水杉(スイサン)」が同種とされ、現存することが確認されたことから「生き
 ている化石」と呼ばれることも多い。
 
 1949年に日本と皇室がそれぞれメタセコイアの挿し木と種子を譲り受け、全国各地の公園、並木道、
 校庭などに植えられている。  愛媛県伊予市の市の木に指定されている。
 滋賀県高島市のメタセコイア並木が日本紅葉の名所100選に選定されている。
 
 種子は英国などの種苗会社からインターネット通販などで入手できる。タネは直径2-3mmの淡黄色の
 おがくず状で、発芽率はあまり良くないが、日本の気候にはよく合い生育は早い。
 1月中旬から下旬頃に浅鉢・浅箱などに蒔き、タネが隠れる程度に覆土し、乾かさないように管理する。
 桜が咲く頃には徐々に発芽してくるので、数cmになったら3寸のポットなどに仮植えする。
 秋には30cmくらいに生育する。翌春、発葉する前までに定植する。苗は1年で1m近く生育し、最終的
 には30-40mになるので、株間は7-8mは必要である
  
 ▼[よく似た種類]
 ラクウショウ(落羽松)、スイショウ(水松)、モミ、イヌガヤ
  

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ @番
   (四季の香り公園にて)

  (真っすぐそびえ立つ樹木の成長は楽しみである)
 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ A番
   (四季の香り公園にて)

  (木肌の特徴がよく出ている)


 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ B番
   (四季の香り公園にて)

  (若木の樹木は木肌が綺麗である)
 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ C番
   (四季の香り公園にて)

  (天高く、そびえ立つ大木「メタセコイア」には元気をもらえる。)


 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ D番
   (四季の香り公園にて)

  しっかりと紅葉となった樹木は美しい。  (2015年11月)
 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ E番
   (四季の香り公園にて)

  紅葉となった街路樹光景は美しい。  (2015年11月)


 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ F番
   (四季の香り公園にて)

  しっかりと紅葉となった樹木は美しい。  (2015年11)
 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ G番
   (四季の香り公園にて)

  紅葉が落葉しているが樹木は美しい。  (2015年11月)


 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ H番
   (四季の香り公園にて)                                              ★【拡大画像】

  メタセコイアの葉は対生である。  (2017年10月)
 ◆「メタセコイア」      【め行】−(A組) ・・・ I番
   (四季の香り公園にて)                                              ★【拡大画像】

  。  (2017年10月)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【7のコーナー】

 ・ 『ま行〜も行』 の コーナー



■『もみじ』(紅葉)・・・【も行】 −(A組)


【品種名】 [モミジ](もみじ)
【別 名】カエデ
【原産地】アジア
【科 目】カエデ科カエデ属
【開花時期】
【花の色】オレンジ、赤、黄
【特 徴】 植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属
 の植物です。モミジという科や属はありません。
 葉の切れ込みが深いカエデを「〇〇〇モミジ」、葉の切れ込みが浅いカエデを「〇〇〇
 カエデ」と呼んでいます。
 花ではないが、「モミジ」(もみじ)とは落葉樹が秋に落葉する際に、葉が「紅葉」(こうよう)
 することをいいます。黄色い場合は黄葉(こうよう)といいます。
 そして「もみじ狩り」という言葉は昔は実際にもみじの枝を手折っていたが、現在は実物
 を手に入れるのではなく、観賞する事を言います。
 10月頃から桜前線とは逆向きに、北から紅葉前線が南下し、山では山頂から麓に向かっ
 て紅葉が進行していきます。
 モミジは広島県の県の木であり、県の花です。モミジの葉をあしらった菓子の「もみじ饅頭」
 は広島県で売られ、広島名物となっております。

  ※( インターネット上や、山と渓谷社「樹木の葉」、山と渓谷社「樹に咲く花」、 主婦の友社「樹木図鑑」、
       学習研究社「ニューワイド・学研の図鑑」・植物、 小学館「小学館の図鑑」・植物西東社「樹木の事典」、
       小学館「小学館の図鑑」、講談社「樹木-見分け のポイント図鑑」・・・等を [参照・引用]しております。)



◆ 「モミジ」 ・・・ (A組) − @番

  (テニスコート沿いの園芸花壇にて)
◆ 「モミジ」 ・・・ (A組) − A番

  (テニスコート沿いの園芸花壇にて)


◆ 「モミジ」 ・・・ (A組) − B番

  (テニスコート沿いの園芸花壇にて)


@【サービスセンター】付近の「もみじ」の紅葉                      ★【拡大画像】

◆遊歩道の並木道の樹木の多くは紅葉で色鮮やかに咲き誇っている。
                                 (2014年11月)
A【サービスセンター】付近の「もみじ」の紅葉                      ★【拡大画像】

◆遊歩道の並木道の樹木の多くは紅葉で色鮮やかに咲き誇っている。
                                 (2014年11月)


B【サービスセンター】付近の「もみじ」の紅葉                     ★【拡大画像】

◆遊歩道の並木道の樹木の多くは紅葉で色鮮やかに咲き誇っている。
                                 (2014年11月)
C【サービスセンター】付近の「もみじ」の紅葉                      ★【拡大画像】

◆遊歩道の並木道の樹木の多くは紅葉で色鮮やかに咲き誇っている。
                                 (2014年11月)


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。





■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【8のコーナー】

 ・ 『や行〜よ行』 の コーナー



■『ヤマボウシ』(山法師) ・・・【や行】 −(A組)



◆ 『ヤマボウシ』(山法師)             【や行】−(A組) − @番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば        ★【拡大画像】

  『ヤマボウシ』(山法師)・・・日本原産で、別名は「ヤマグワ」という。
 
◆ 『ヤマボウシ』(山法師)             【や行】−(A組) − A番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば        ★【拡大画像】

  花期は6月〜7月で、花弁に見える4片の白い総苞編片(そうほうへん)
  は長さ3cm〜6cmで、先端はとがる。


◆ 『ヤマボウシ』(山法師)            【や行】−(A組) − B番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  『ヤマボウシ』の花は花びら(苞--ほう)の先端はとがるのが特徴。
◆ 『ヤマボウシ』(山法師)            【や行】−(A組) − C番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  『ヤマボウシ』はミズキ科の落葉小高木。葉の縁は波打っている。


◆ 『ヤマボウシ』(山法師)            【や行】−(A組) − D番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  果実は集合果で、秋に直径2〜3cmに赤く熟し、甘くて食べられる。
  
◆ 『ヤマボウシ』(山法師)             【や行】−(A組) − E番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  高さは5m〜10mで、山野に生える落葉小高木。老木となった幹の樹皮
  は不規則にうろこ状にはがれてまだら模様になる。


◆ 『ヤマボウシ』(山法師)             【や行】−(A組) − F番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  『ヤマボウシ』は日本原産で、花は白色がふつうだが、時に赤みを帯びる
  ものがある。
◆ 『ヤマボウシ』(山法師)             【や行】−(A組) − G番
・〔緑の相談所〕-「バラ園」-外の右後ろ側横断橋のそば          ★【拡大画像】

  『ヤマボウシ』は、白い頭巾をかぶったお坊さん(法師)にたとえたことが
  名前の由来と言われている。


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■『ユリノキ』(百合の木) ・・・【ゆ行】 −(A組)



◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − @番
・光が丘公園の 「ユリノキ広場」                                      ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。
◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − A番
・光が丘公園の 「ユリノキ広場」                                      ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。


◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・ 【ゆ行】−(A組) − B番
                                                                                  
★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」のユリノキの大木。
◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − C番
「ユリノキ」の「チューリップツリー」                                     ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。


◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − D番
「ユリノキ」の「チューリップツリー」                                     ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。
◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − E番
「ユリノキ」の「チューリップツリー」                                     ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。


◆ 「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − F番
「ユリノキ」の葉                                                            ★【拡大画像】

  特徴のある「ユリノキ」の葉。
◆  「ユリノキ」(百合の木) ・・・  【ゆ行】−(A組) − G番
「ユリノキ」の「チューリップツリー」                                     ★【拡大画像】

  「ユリノキ広場」にて。


[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示が下部にある場合は、少し遅れて表示されます。




■ 練馬区・[光が丘公園]の [樹木]  /編 ・・・【9のコーナー】

 ・ 『ら行〜ろ行』 の コーナー



■『ラクウショウ』(落羽松) ・・・【ら行】 −(A組)


 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ @番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて
 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ A番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて


 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ B番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて
 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ C番
 ・「鑑賞池」そばにて

   ・「鑑賞池」そばにて


 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ D番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて
 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ E番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて


 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ F番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて
 ◆「ラクウショウ」(落羽松)      【ら行】−(A組) ・・・ G番
 ・「鑑賞池」そばにて                                                     ★【拡大画像】

   ・「鑑賞池」そばにて



[▲ ページのトップに戻る]
※画像表示の位置が下部にある場合は、画像表示が少し遅れます。



≪トップページに戻る≫