トップページへ戻る
「東山魁夷」作品のページに戻る

東山魁夷

唐招提寺御影堂障壁画 (三点セット)

『濤 声』 (とうせい)



「左図」
絵をクリックすると前のページに戻ります。


「真ん中図」
絵をクリックすると前のページに戻ります。


「右図」
絵をクリックすると前のページに戻ります。

東山魁夷「●」  絵をクリックしますと [ 東山魁夷] 作品の詳細ページに戻ります。



  唐招提寺開山鑑真和尚の坐像がおはなしします御影堂の障壁画は、鑑真和尚の
御遺徳を深く感じとられた東山魁夷画伯が壮大な構想と渾身の力とで描かれた現代
日本画の最高傑作であると思います。                                                           

  しかし、御影堂が一般公開されますのは開山忌の三日間しかなく、画伯の傑作を
直接観る機会は限られております。                                                             

  この度、東山魁夷画伯と相談の上、限られた数ではありますが、御影堂障壁画
『濤声』をみなさまのお手元でご鑑賞していただけるようにリトグラフで制作する企画
に賛同いたしました。立派な作品に作り上げてくださることを期待しております。     

                                          唐招提寺長老  森本 孝順



東山魁夷「●」  絵をクリックしますと [ 東山魁夷] 作品の詳細ページに戻ります。