「東山魁夷」の作品紹介ページ に戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・無料入会案内

 
東山魁夷

「道」 (みち)  (新復刻画)

昭和25年「日展」に出品された東山芸術の原点ともいわれる記念碑的作品です。
(青森県八戸市種差海岸)
絵をクリックすると戻ります
東山魁夷作品の詳細ページに戻ります。 画像をクリックしますと [ 東山魁夷] 作品の詳細ページに戻ります。

原画(1950年作)-東京国立近代美術館 所蔵

ひとすじの道が、私の心に在った。
夏の早朝の、野の道である。
この道の作品を描いている時、これから歩いてゆく道と思っているうちに、
時としては、いままでに辿って来た道として見ている場合もあった。
絶望と希望が織り交ざった道、遍歴の果てでもあり、新しく始まる道でもあった。
未来への憧憬の道、また、過去への郷愁を誘う道にもなった。
しかし、遠くの丘の上の空を少し明るくして、とおくの道が、やや、右上がりに
画面の外へ消えているようにすると、これから歩もうとする道という感じが強く
なってくるのだった。
東山魁夷『風景との対話』(新潮社1967年刊)より、抜粋


画面内右下に「魁夷復刻」の朱印、画面と紙の余白部分にかけて「©ATELIER KAII REPRODUCTION」の
エンボスが押され、画面左下余白部分に限定番号を記し、額裏に著作権者の監修を証する検印が入った
シールが貼付してあります。



《東山魁夷作品の詳細ページに戻る》