「速水御舟」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・入会案内

速水御舟

「炎舞」 (えんぶ)

絵をクリックすると戻ります



「炎舞」保証書
絵をクリックすると戻ります
速水御舟「炎舞」  絵をクリックしますと [ 速水御舟] 作品の詳細ページに戻ります




速水御舟 略歴 (はやみ ぎょしゅう) [1894年〜1935年]
1894年 (明治27年)  東京浅草に生まれる。同地で歿。旧姓は蒔田。本名は栄一。 1908年 (明治41年)  4歳の時、自宅近くの松本楓湖の安雅堂画塾に入門。同じ日に小茂田青樹も入門した。 1910年 (明治43年)  「巽画会」で初入選。 1911年 (明治44年)  「巽画会」、同展で一等褒状を受賞、今村紫紅をしり紅児会に入会する。 1913年 (大正2年)  原三渓の援助を受けるようになり、京都に一時住む。 1914年 (大正3年)   はじめ禾湖、のち浩然と改め、さらに母方の速水姓を継いでから御舟(ぎょしゅう)」改号する。東京目黒に移住、日本美術院院友となり、紫紅を中心に青樹、富取風堂らと共に赤曜会を結成する。 翌年、フランスのアンデパンダン展にならったテント張りの野外展を催す。 1917年 (大正6年)  再び京都に移り、第4回院展に「洛外六題(らくがいろくだい)」を出品、横山大観、下村観山らの激賞を受け、最年少で日本美術院の同人に推挙される。 1925年 (大正14年)  「炎舞」(重要文化財)を完成。 1929年 (昭和4年)  第16回院展に「名樹散椿」(重要文化財)を出品、初期の細密描写から幻想的世界を形象、さらに写実と装飾の合致を成して近代日本画に偉大な足跡を残す。常に革新的な試みを続けた画業の影響力は大きかった。 1930年 (昭和5年)  ローマ日本美術展覧会の美術使節として渡欧。 1935年 (昭和10年)  腸チフスのため逝去。享年40歳。

細密描写による厳密な写実主義、やがて幻想的、象徴的傾向を示し、さらに中国院体画に迫る格調高い主観的な写実を求めた。
代表作に「京の舞妓」「暁靄」「翠 緑芝」「名樹散椿」など数多くの力作、名作を遺した。



《前のページに戻る》