「マルク・シャガール」作品ページに戻る
ご売却相談
購入のご相談
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・入会案内

マルク・シャガール

「パリと画家」

絵をクリックすると戻ります

マルク・シャガール「パリと画家」  絵をクリックしますと  [ マルク・シャガール] 作品の詳細ページに戻ります。




「マルク・シャガール」作家略歴 略歴
1887年  白ロシア、ヴィテブスクに生まれる。
1907年  ペテルスブルグで帝室美術学校に学ぶ 1910年 パリに出てラ・リュシュの
            アトリエに住む。
1911年  アンデバンダン展に出品。
1917年  ロシア革命が起き、人民委員会の美術委員などを務める。
1923年  パリに戻る。その後美術商のヴォラールを知り、多くの版画を制作。
1933年  バーゼル美術館で回顧展開催。
1941年  アメリカに渡る。その後ニューヨーク近代美術館で回顧展開催。
1947年  パリに戻る。パリ国立近代美術館で回顧展。
1967年  生誕80年を記念してチューリッヒとケルンで大回顧展。
1973年  ニースの国立シャガール聖書美術館開館。
1977年  レジオン・ドヌール最高勲章受賞。
1985年  ヴァンスにて死去



《前のページに戻る》