「トップページ」に戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員入会案内
千住博
ラッセン
メールマガジン購読案内
山形博導
「藤田嗣治」
作品ページへ
中島千波
リャド
笹倉鉄平
絵柄別作品案内
シャガール
日本人作家
外国人作家



「藤田嗣治」(1886〜1968年)作家略歴


    1886年   明治19年11月27日東京市牛込区新小川町に生まれる。
            父、嗣章は当時陸軍一等軍医で領有後間もない台湾、朝鮮
            の衛生行政に尽力し、大正元年、陸軍軍医総監に栄進した。

    1893年   東京高等師範学校付属小学校に入学。

    1900年   同中学校に入学。

    1905年    同中学校を卒業。
            東京美術学校予備科に入学。
            東京美術学校西洋画科に入学。

    1907年   精勤賞を受ける。

    1910年   東京美術学校西洋画科本科を卒業。
            白馬会第13回絵画展覧会に「山より」「女」が入選。
            美術学校卒業後、和田英作教授の助手として帝国劇場の壁画や
                  背景の制作を手伝う。この頃から3年続けて当時の文展に出品
                  したが、3回とも落選。

    1911年   東京勧業展覧会に「青梅」「山家」「上野原」「駅」出品。

    1912年   第2回東京勧業博覧会に「午後の日」「宿裏」を出品。
            光風会第1回絵画展覧会に「清水湾」「帝国劇場」「南国」が
                  入選。

    1913年   門司から日本郵船三島丸で渡仏。この年の末モジリアニ、
            スーチンと交遊。

    1914年   この頃から立体派風の制作を試みる。

    1917年   パリのシェロン画廊で初の個展を開く。その後、ブリュッセル、
                  アントワープ、ベルリンなどヨーロッパ各国で個展を開催。 
                  乳白色の平滑な絵肌に面相筆による線描を生かした独特の画風
                  を編み出す。ピカソの友人である批評家、アンドレ・サルモン
                  が目録に序文を書く。

    1918年   シェロン画廊で2回目の個展。この頃からフジタの名が広まる。

    1919年   初めてサロン・ドートンヌに出品。出品した6点が全部入選して、
                  その年に会員に推挙され、パリ画壇における地位の確立に第一歩
                  を踏み出した。

    1920年   渡仏以来の研究の結晶である裸体を秋のサロンに出品。

    1921年   サロン・ドートンヌの審査員に挙げられ、いよいよ黄金時代が
                  展開する。画商が藤田の作品を奪い合った。

    1922年   第4回帝展に「我が画室」(1921)を出品。

    1923年   サロン・ドートンヌ第16回展に「五人の裸婦」を出品。
            サロン・デ・チュイルリーの会員となる。

    1924年   第5回帝展委員。帝展に「静物」(1922)を出品。

    1925年   レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
            日仏芸術社主催第二次フランス現代美術展に油絵3点の他版画を
         出品。

    1926年  サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員となる。

    1927年  銅版画1点、ルーブル美術館に収められる。
                  パリのコメディ・デ・シャンゼリゼで上映された「修善寺物語」
                  の舞台背景を制作

    1929年   17年ぶりに帰国。東京朝日新聞社屋で個展を開き、大作「構図」
         (1928)ほか鉛筆デッサン50余点、版画20点を出品。
         ひきつづき2回目の個展を日本橋三越で開催。
         「舞踏会の前」(1925)ほかデッサン、版画等数十点を出品、
         大成功を収める。

    1930年   パリに帰る。ニューヨークに渡って個展を開き、またグリニッチ・
                  ビレッジにアトリエを借りて3ヶ月間制作を行い、さらにシカゴに
                  1ヶ月滞在する。第二次世界大戦までの間、アメリカ、メキシコ、
                  フランス、日本など各国を渡り、個展。戦中は日本で従軍画家と
                  して活躍。

    1931年   パリに引き揚げた後、ブラジルに旅立つ。

    1932年   アルゼンチンに入り、さらにボリビア、ペルー、チューバなどを
                  回り、メキシコに着き7ヶ月滞在する。

    1933年   ニューメキシコ、アリゾナからカリフォルニアに渡って4ヶ月を
                  過し、11月に帰国。

    1934年   日動画廊で個展。二科会会員に推挙される。
            大礼記念京都美術館開館記念京都市美術展に「メキシコ」を出品。
                  第21回二科美術展覧会に「メキシコのマドレーヌ」「町芸人」
                 「カーニバルの後」など27点を特別陳列この年、メキシコ風の
                  アトリエを建てる。

    1935年   大阪の十合百貨店特別食堂に壁画を制作。
            銀座の喫茶店コロンバンに天井画を制作。

    1937年   横光利一原作「旅愁」の挿絵を東京朝日新聞に連載。
            麹町下六番町に京風の純日本式住宅を新築。この年「自画像」
                 (1928)がパリの国立近代美術館に収められる。

    1938年   沖縄に遊ぶ。琉球作品発表展に「海辺の墓」「琉球の女」など
                  20余点を出品。

    1939年   渡米したのち、パリに着く。

    1940年   第2次世界大戦の戦火の下、パリから帰国。

    1941年   良き理解者であった父嗣章が死去する。
            帝国芸術院会員となる。国際文化振興会から文化使節として仏印
                  に派遣される。

    1943年   朝日文化賞受賞

    1945年   疎開先の神奈川県津久井郡小淵村にて終戦を迎える

    1947年   ニューヨークのケネディ画廊で近作の展覧会が開催され、好評を
                  博する。

    1948年   近代日本美術総合展に出品。

    1949年   羽田から空路渡米。フランス入国の許可も受けた。「日本画壇も
                  国際的水準に達することを祈る」というのが故国に残す言葉であっ
                  た。ニューヨーク滞在中、51番街の画廊で近作を開催する。

    1951年   秘蔵の労作「我が室内」「アコーデオンのある静物」など代表作を
                  パリ国立近代美術館に寄贈。

    1955年   フランス国籍を取得。日本芸術院会員を辞任。

    1957年   レジオン・ドヌール四等勲章を贈られる 

    1959年   君代夫人とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名は「レオナル
                  ド」。 ベルギー王立アカデミー会員となる

    1960年   新宿伊勢丹で藤田嗣治展を開催。

    1966年   第2回近代日本洋画名作展に出品。
            設計・美術すべての分野に専念したランスのノートルダム・ド・ラ
                  ・ペ・フジタ礼拝堂を自ら建設。

    1968年   1月29日、スイス、チューリッヒの病院で死去(81歳)。
            遺体はノートルダム・ド・ラ・ペ礼拝堂に埋葬される。
             日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。





[藤田嗣治] 作品ページへ戻る (ふじたつぐじ)