「フジ子・ヘミング」
作品ページへ
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内


「フジ子・ヘミング」作家略歴(日本名・大月フジ子)


1932年12月5日   生まれ。イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング(日本名・大月フジ子)
日本人ピアニスト、大月投網子とロシア系スウェーデン人画家・建築家、ジョスタ・ジョルジ・ヘミング
を両親にベルリンで生まれる。血液型はA型。スウェーデン国籍(長らく無国籍の状態が続いた)
俳優大月ウルフは実弟。
5歳の時に日本に帰国。当時、戦争への道にひた走り軍事色が濃くなる日本に締め出されるかの
ようにほどなく父ジョスタは家族3人を残し、一人スウェーデンに帰国してしまう。
以来、母と弟と共に東京で暮らし、母、投網子の手ほどきでピアノを始める。
また、10歳から、父の友人であり、ドイツで母のピアノを師事したロシア生まれドイツ系ピアニスト、
レオニード・クロイツァー氏に師事。以後、芸大在学時を含め、長年の間、クロイツアー氏の薫陶を受ける。 
幼少の頃から天才ピアニストとして周囲から注目されていた。
小学校3年生の時にラジオに生出演し、天才少女と騒がれる。青山学院高等部在学中、17歳で、
デビューコンサートを果たす。東京芸術大学在学中の1953年には新人音楽家の登竜門である、
第22回NHK毎日コンクールに入賞をはたしさらに文化放送音楽賞など、多数の賞を受賞した。
東京芸術大学卒業後、本格的な音楽活動に入り、日本フィルなど多数のオーケストラと共演。
かねてよりピアノ留学を望んでいたフジ子だったが、パスポート申請時に無国籍であった事が
発覚する。
その後、留学の機会を伺いつつピアニストとして音楽活動を行っていたが、30歳の時に赤十字に
認定された難民として国立ベルリン音楽大学へ留学を果たした。
優秀な成績で卒業後、ヨーロッパに残り各地で音楽活動を行うも、生活面では母からの僅かな
仕送りと奨学金で何とか凌いでいたという、大変貧しく苦しい状況が長らく続いた。人間関係に
おいても、日本でも外国でもどこに居ても外国人として扱われ疎外され、特にベルリン留学時代
にはフジ子の才能を妬んだ人達やフジ子が避難民であるという事などで、ドイツ人はおろか同じ
日本人の留学生からも、大変ないじめや中傷を受けた。
フジ子はこのような経験から「この地球上に私の居場所はどこにもない...天国に行けば私の
居場所はきっとある。」と自身に言い聞かせていたと話している。
その間、ウィーンでは後見人でもあったパウル・バドゥラ=スコダに師事。今世紀最大の
作曲家・指揮者の一人と言われる、
ブルーノ・マデルナに才能を認められ、彼のソリストとして契約した。この契約に際しては、
フジ子の演奏に感銘を受けたレナード・バーンスタインからの支持、及び援助があった。
しかし、「一流の証」となるはずのリサイタル直前に、風邪をこじらせ(貧しさの為、真冬の部屋
に暖房をつけることができなかった為)、聴力を失うというアクシデントに見舞われ、やっとの思い
で掴んだ大きなチャンスを逃すという憂き目をみた。
既に16歳の頃、中耳炎の悪化により右耳の聴力を失っていたが、この時、左耳の聴力も失って
しまい、耳の病のためフジ子は演奏家としてのキャリアを一時中断しなければならなくなった。
失意の中、ストックホルムに移住。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を得、以後は、
ピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける。現在は左耳のみが多少(約40%)
回復している。
母の死後、1995年に日本に帰国し、母校東京芸大の旧奏楽堂などでコンサート活動を行う。
1999年2月11日にNHKのドキュメント番組、ETV特集『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』が放映
され、大反響を巻き起こし、フジ子ブームが起こった。
その後、発売されたデビューCD「奇蹟のカンパネラ」は、発売後三ヶ月で30万枚のセールスを
記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットとなった。第14回日本ゴールドディスク大賞の
「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞した。
やがて1999年10月15日の東京オペラシティ大ホールでの復活リサイタルを皮切りに本格的な
音楽活動を再開し、国内外で大活躍することとなる。
2001年6月7日にはカーネギーホールでのリサイタルを華麗に披露し大成功のうちに終了。
現在、ソロ活動に加え海外の有名オーケストラ、室内楽奏者との共演と活躍は続く。


[フジ子・ヘミング] (イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)作品ページへ