「山」のページ に戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・無料入会案内


小山敬三

「浅間山有明」 (あさまやまありあけ)

絵をクリックすると戻ります

小山敬三作品の詳細ページに戻ります。 画像をクリックしますと [ 小山敬三] 作品の詳細ページに戻ります。

[作家印章]
絵をクリックすると戻ります
小山敬三作品の詳細ページに戻ります。 画像をクリックしますと [ 小山敬三] 作品の詳細ページに戻ります。



《小山敬三 作家略歴・プロフィール》
 
1897年  長野県小諸市に生まれる。
1916年  慶応義塾大学を中退。川端画学校で藤島武二に師事
1920年  島崎藤村のすすめでフランスへ留学。 パリのアカデミー・コラロッシュでシヤルル
           ・ゲランに師事 油絵の基礎を学ぶ。
1922年  サロン・ドートンヌで「並木道の冬」が初入選。マリー・ルイズ・ド・モントルイユ
            と結婚。
1926年  サロン・ドートンヌ会員に推される。
1928年  帰国
1959年  白鷺城の連作で日本芸術院賞受賞
1960年  日本芸術院会員、日展理事。
1970年  文化功労者として顕彰される。
1975年  文化勲章受章。小諸市立小山敬三美術館を建設、作品と共に小諸市に寄贈。
1985年  小山敬三美術振興財団設立。小山敬三記念賞による画家の顕彰と、油彩画
            修復技術家の留学奨励
1987年  神奈川県茅ヶ崎で没。



《前のページに戻る》