「静物画」のページ に戻る
ネット上のよくある質問
個人情報保護
会員割引・無料入会案内


中島千波

「御車返の桜」


絵をクリックすると元に戻ります
■ 絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります。

----------------------------------------------------------------------------------------

御車返の櫻は京都市内から約一時間半、周山街道の途中に常照皇寺にあります。
 
京都府北桑田郡京北町にある褝寺、常照皇寺は北朝初代の光厳天皇が南北朝の
争いを逃れて、落飾してこの地に開いた寺である。このお寺の周りには田園地帯
の雰囲気以外はなにもないところです。こじんまりとした造りのお寺です。
 
常照皇寺には2本の名桜があり、崩御後 弟君の光明天皇が慰霊のため御所から
移植したのが九重桜という。樹齢630年といい、幽雅な趣きの桜で、天然記念物
に指定されている。
 
別の1本は入り口近くにあり、樹齢400年ほどで、後水尾天皇があまりの美しさ
に車を引き返して花をめでたと伝えられ、御車返しの桜と名付けられた。また同寺
には他に「左近の桜」の親木とされる桜など由緒ある桜がある。
 
宮廷貴族風造りの瀟洒な建物の中に旗弁付き一重の大柄な御車返の櫻があり、奥に
は枝垂れ性の九重櫻が咲いています。欄干付き濡れ縁があり、そこに座して庭の櫻
を愛でることができます。
--------------------------------------------------------------------------------
【所 在 地】   :    京都府桑田郡京北町字井戸

【交通ご案内】
   ◆JR京都駅前からJRバス周山行きで「周山」終点下車(90分)。
   ◆「周山」から町営バスで小塩行きに乗り換え、「山国御陵前」下車(15分)

【問合せ先】
   ◆京北町役場観光課
      電 話 0771-52-0300

=============================================
■ 絵をクリックしますと [ 中島千波] 作品の詳細ページに戻ります