「前のページ」 に戻る
個人情報保護
会員割引・無料入会案内
「上村淳之」  略歴


上村淳之

菊戴・「キクイタダキ」 (きくいただき)

絵をクリックすると戻ります

菊戴・キクイタダキ (スズメ目 ウグイス科 留鳥)
 
1500m以上の亜高山の針葉樹林で繁殖し、越冬期は低山及び暖地へ移動する
もの(漂鳥)や冬鳥として海外から渡ってくるものもある。頭頂部に菊のような黄色
い部分があるから菊戴だとか。日本で一番小さい可愛い鳥です。

※ 絵をクリックしますと [ 上村淳之] 版画作品の詳細ページに戻ります.


1933年 4月12日 日本画家・上村松篁の長男として生まれる。1957年 京都市立美術大学日本画科卒業。1959年 京都市立美術大学専攻科修了。1972年 京都市立芸術大学助教授 。 1984年 京都市立芸術大学教授。 1994年 松伯美術館開館(松園、松篁、淳之の作品常設展示)。 2002年 日本芸術院会員。
[上村淳之生は平成17年、京都市立学校歴史博物館館長としてもご活躍中]。

《前のページに戻る》