「トップページ」に戻る
「前のページ」に戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員入会案内
メールマガジン購読案内


「高村光雲」 [たかむらこううん] (1852〜1934) 作家略歴


1852年   江戸(現東京都)下谷出身。旧姓は中島。幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周は息子。
         詩人高村光太郎の父。写真家の高村規は孫。
1863年   から仏師高村東雲の元に徒弟となる。後に東雲の姉の養子となり高村姓を名乗る。
1890年   東京美術学校に勤務、翌年に彫刻科教授、帝室技芸員に任ぜられる。
1893年  「老猿」をシカゴ万博に出品。
1919年  「山霊訶護」をパリ万博に出品。
1926年   東京美術学校を退職し、名誉教授に。
         明治維新以後は排仏毀釈運動の影響で仏師としての仕事は無く、木彫も輸出用の象牙彫刻
         が流行し衰え、光雲自身の生活も苦しかった。そのような中で光雲は木彫に専念、積極的
         に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸
         時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。
         光雲の弟子には山崎朝雲、山本瑞雲、米原雲海など近代日本彫刻を代表する彫刻家がいる。
    [代表作]
      ・老猿(東京国立博物館蔵)
      ・西郷隆盛像(上野公園)
      ・楠公(なんこう)像(皇居前広場)
      ・山霊訶護


[高村光雲] (たかむらこううん)作品ページへ