「ブラジリエ」ページ戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
無料会員入会案内


「ブラジリエ」作家略歴


    ブラジリエ (アンドレ・ブラジリエ)andre Brasilier 略歴   

    1929年  フランス、ソーミュールに生まれる。 

    1949年  パリ美術学校に入学。ブリアンションのアトリエで学ぶ。
 
    1952年  フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞(第一位)、 
                シャルル・モレ賞等を受賞。その間各展に出品し、個展を開く。 

    1953年  ローマ・グランプリ賞受賞。 

    1959年  この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展開催。 

    1961年  青年絵画展でシャルル・モレ賞。 

    1962年  シュールロット賞受賞。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員 
               や各地ビエンナーレの会員となる。 

  1974年  東京で個展。  

  1977年  東京吉井画廊で個展開催。 

  1984年  東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。  
               東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作。 
               優美で静謐なイメージは観るものの心に印象を強くし、明快な色彩表現 
               人々の心を、たおやかにし、詩的な表現を得意とする作家。フランス的な 
               センスが人々の心の琴線に共鳴を与える。作品はフランス政府、パリ美術館、 
               オランダ美術館などに収蔵されている。 



[ブラジリエ] 作品ページへ