「上村淳之」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
会員割引・入会案内
 
上村淳之

「雁金」 (かりがね)

絵をクリックすると戻ります

上村淳之「雁金」 絵をクリックしますと [ 上村淳之] 作品の詳細ページに戻ります。

[作家直筆鉛筆サインと印章]
絵をクリックすると戻ります
上村淳之「雁金」 絵をクリックしますと [ 上村淳之] 作品の詳細ページに戻ります。

■上村淳之(1933〜  ) 作家略歴紹介
 
1933年 昭和 8年 4月12日、上村信太郎(松園)・たねの長男として京都市に生まれる。本名は淳。
             祖母は上村松園、父は上村松篁(共に日本画家)。
1953年 昭和28年 京都市立美術大学日本画科に入学。この年、祖母松園の没後空家になっていた奈良
             県平城の唳禽荘に移り住む。
1956年 昭和31年 新制作協会第20回展に「水」を出品、初入選する。
1957年 昭和32年 京都市立美術大学日本画科を卒業、専攻科に進学する。卒業制作は「鴨A」「鴨B」、
             美大作品展に出品して第一席(学校買い上げ)となる。
1959年 昭和34年 京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)専攻科修了。第6回朝日新人展に「沼」を
             招待出品する。
1961年 昭和36年 京都市立美術大学助手となる。
1966年 昭和41年 京都府日本画総合展に「熱国月明」を出品。京都府買上となる。
1968年 昭和43年 新制作協会第32回展に「火鶏」等を出品、新作家賞を受賞、新制作協会会友となる。
1972年 昭和47年 京都市立芸術大学助教授となる。この年から画号「淳之」を用いる。
1978年 昭和53年 第5回創画展に「晨1」「晨2」(双幅)を出品、創画会賞を受賞し文化庁買い上げとなる。
1980年 昭和55年 第7回創画展に「雁(月明)」「雁(雪中)」を出品、創画会賞を受賞する。
1981年 昭和56年 上村淳之展が京都府立文化芸術会館で開催される。創画会会員となる。
1984年 昭和59年 京都市立芸術大学教授となる。京都画壇日本画秀作展出品(以後連続出品)
1992年 平成4年 「上村淳之-四季の譜・鳥に遊ぶ-」が新宿・伊勢丹で開催される。
             京都府文化功労賞受賞。
1993年 平成5年 上村松篁、淳之自選展がパリ三越エトワールで開催される。
1994年 平成6年 上村家三代の作品を所蔵、展観する松伯美術館が開館、館長となる。
1995年 平成7年 第51回日本芸術院賞を受賞する。対象作品「雁金」(創画展出品作品)
1997年 平成9年 「画業三代の精華上村松園・松篁・淳之展」が開催される。
1999年 平成11年 京都市立芸術大学教授を退任、同大学副学長に就任。(2004年まで)
2002年 平成14年 日本芸術院会員となる。
2003年 平成15年 古希記念「上村淳之展」(読売新聞社主催)が高島屋各店(大阪、東京、横浜、
             いよてつ、京都)で巡回開催される。
2004年 平成17年 京都市立学校歴史博物館館長となる。

【関連ページ】:
『上村淳之鳥たちとの対話/新現代日本画家素描集(3)』日本放送出版協会(1992/07)
『飛鳥遊禽−上村淳之自選素描集』日本経済新聞社(1990/11)
『上村淳之画集』求龍堂(1989/01)
松伯美術館
『上村淳之のはじめよう日本画』日本放送出版協会(2001/01)
『啼鳥翔禽』日本経済新聞社(1996/10)
『上村淳之』芸術新聞社(1993/11)
『上村淳之/日経ポケット・ギャラリー』日本経済新聞社(1993/05)
『日本画の行方』美術年鑑社(1992/10)
『アートポストカードブック上村淳之』ビジョン企画出版社(1997/11)
『鳥たちに魅せられて−鳥と私と花鳥画と』中央公論美術出版(1997/10)



《上村淳之作品の詳細ページに戻る》