「上村淳之」作品ページに戻る
ネット上のよくある質問
プライバシー保護
会員割引・入会案内



「上村淳之」 (うえむらあつし)作家略歴


昭和 8年(1933年) 4月12日、上村信太郎(松篁)・たねの長男として、京都市中京区間之町
  竹屋上ルに生れる。本名は淳。 祖母は上村松園、父は上村松篁(共に日本画家)。
昭和28年(1953年) 京都市立美術大学日本画科に入学する。
  この年、祖母松園の没後空屋になっていた奈良市平城の唳禽荘に移り住む。
昭和31年(1956年) 新制作協会日本画部春季展に「葉陰」「刈田」を出品、初入選する。
  第20回新制作協会展に「水」を出品、初入選する。
  第20回新制作協会展に「水」を出品、初入選する。
昭和32年(1957年) 京都市立美術大学日本画科を卒業、専攻科に進学する。
  卒業制作は「鴫A」「鴫B」、美大作品展に出品して第一席(学校買い上げ)となる。
昭和34年(1959年) 京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)専攻科を修了する。
  6回朝日新人展に「沼」を招待出品する。
昭和36年(1961年) 京都市立美術大学助手となる。
昭和41年(1966年) 京都府日本画総合展に「熱国月明」を出品、京都府買い上げとなる。
昭和43年(1968年) 新制作協会第32回展に「緋縅綬鶏」「火鶏」を出品、新作家賞を受賞、新制作協会
  会友となる。
昭和47年(1972年) 京都市立美術大学助手となる。この年から画号<淳之>を用いる。
昭和53年(1978年) 第5回創画展に「晨1」「晨2」(双幅)を出品、創画会賞を受賞し、文化庁買い上げ
  となる。
昭和55年(1980年) 第7回創画展に「雁(月明)」「雁(雪中)」を出品、創画会賞を受賞する。
昭和56年(1981年) 上村淳之展が京都府立文化芸術会館で開催される。創画会会員となる。
昭和59年(1984年) 京都市立芸術大学教授となる。京都画壇日本画秀作展出品(以後連続出品)
平成 4年(1992年) 京都府文化功労賞受賞
平成 5年(1993年) 上村松篁、淳之自選展がパリ三越エトワール開催される。
平成 6年(1994年) 上村家三代の作品を所蔵、展観する松伯美術館が開館、館長となる。
平成 7年(1995年) 日本芸術院賞受賞。対象作品「贋金」(創画展出品作品)
平成11年(1999年) 京都市立芸術大学を退任。京都市立芸術大学副学長となる。(2004年まで)
平成14年(2002年) 日本芸術院賞会員となる。
平成15年(2003年) 古希記念「上村淳之展」(読売新聞社主催)が高島屋各店(大阪、東京、横浜、いよ
  てつ、京都)で巡回開催される。
平成17年(2005年) 京都市立学校歴史博物館館長となる。
平成18年(2006年) 社団法人創画会理事長となる。
平成19年(2007年) パリで「上村淳之展」(朝靄の鳥)が開催される。(翌年、帰朝展が東京、福岡
  名古屋で巡回開催される。
平成20年(2008年) 高島屋美術部創設百周年記念「上村淳之展」高島屋各店(京都、東京、横浜、
  高崎、大阪、名古屋、岐阜)で巡回開催される。
   



≪上村淳之≫ (うえむらあつし)作品ページに戻る